【マイルチャンピオンシップ2017】穴馬の考察

fkj

こんにちは、フランケルJr.です。

マイルチャンピオンシップの穴馬を考えていきましょう。

しかし、今年は毎週土日に雨が来ますね。
先週は金曜日でしたか。

馬場が例年以上に荒れていますし、
今週も土曜日に雨が降りそうです。

雨に対応できる馬、荒れた馬場を苦にしない馬、
この辺を狙っていくのは東京・京都どちらにも言えそうです。

 

では、マイルチャンピオンシップにいきましょう。
展開を考えると、逃げはマルターズアポジー

昨年の有馬記念、今年の大阪杯、
武士沢騎手も3度目となればTV馬では終われません。

しかも今回は相手はもっとも手薄。
更に一番得意な右回り平坦のマイル戦。

ここは勝負に出るべきレースです。

 

マルターズアポジーは勝ちに行く逃げを打ちます。

つまりスタートはハナを奪いに行きますが、
京都3コーナーの登り坂にむかって、

1秒でも早くペースを落ち着かせたい、
と考えるでしょう。

そういう意味では、展開のカギを握るのは
マルターズアポジーではなく2番手を走る馬となります。

3コーナーまで隊列が決まらない先行争いが続くと
先行勢は全滅、後続の差し馬の出番のレースとなります。

逆に3コーナー手前で既に隊列が固まっているようだと
エリザベス女王杯のように前残りの競馬となるでしょう。

 

ここはどっちにも対応できる馬、という考えは捨てて
確率1/2で勝負に行くべきレースと考えます。

 

▲10番クルーガー

 

レースで上がり最速を出すクルーガーを穴馬に指名します。

最速を出すであろう、ですね。
まだ断定はできませんね。
まず、マルターズアポジーの存在を抜きにして、
マイルG1の流れを考えると、先行勢には厳しいものがあります。

ドスローに落とせればいいのですが、
イスラボニータやエアスピネルなど、
G1で戦ってきたメンバーが緩いペースを許すはずはありません。

かといって、先行勢が全滅するかというと、
厳しい流れの閃光でも勝ち切れるところにG1馬の格というのがあります。

 

となると、狙うべきは

・レースの中団で競馬ができる
・その上でレースの上がり最速を出せる
・勝ち切る

ここまで休み休み使ってきたクルーガーですが、
能力に体がついてこなかった、というのが私の見解です。

5歳の秋となり、やっと体が出来上がりました。

下克上はクルーガーが起こします。

 

東スポ杯2歳Sの予想も少しだけ。
本質的には2強と言われるワグネリアンルーカスで決まります。

ここは馬連1点で勝負でいいでしょう。
アタマで買うならルーカスかなと思います。

ルーカスの方がポテンシャルは上でしょう。

 

穴馬は固定しません。
総流しがベターでガミるのが嫌いな方は
「見」されることを推奨します。

 

以上、マイルチャンピオンシップと東スポ杯2歳ステークスの
穴馬の考察でした。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!