【日経新春杯・京成杯・愛知杯2018】穴馬の考察

fkj2018

こんにちは、フランケルJr.です。

2018年最初の投稿となります。
本年もよろしくお願いします。
日経新春杯は雪の影響で土曜日発売中止が発表されました。
明日の京都は雪が残って、重馬場になる可能性もありますね。

そんな状況ではありますが、3重賞の穴馬を考えたいと思います。

愛知杯

ここは勝負レースです。

マキシマムドパリが昨年勝利しましたが、
勝ち方は後方からの素晴らしい伸びで差し切り勝ち。

強い競馬だったと思います。

出走メンバーを見ると、確たる逃げ馬はコパノマリーンのみ。
そのコパノマリーンを狙います。

▲コパノマリーン

500万下1000万下を連勝しましたが、勝ち方としては
重賞で通用するレベルでした。

タニノアーバンシーも全く寄せ付けずに勝利しているのに、
人気は遥か下。

タニノアーバンシーを基準にすると、キンショーユキヒメと
互角とみて問題ありません。

そんな馬が15番人気前後。
買わない手はありません。

中京は初めて出走ですが、東京1800mで勝利実績もあり、
左回りはこなせています。

追切は抜群、展開もノーマークの短期逃げ。

勝負レースでしょう。

 

京成杯

ここは比較的順当な結果に収まりそうです。
出走馬のレベルが低い。

一発大穴狙いで馬券の端っこに加えるだけで、
投資の10倍帰ってくる馬を狙いましょう。

▲タイキフェルヴール

ダートを連勝してきた馬です。

芝は3回走っていずれも勝ち馬から0.5差以上突き放される
完敗を繰り返してきた馬。

この馬の決定的な弱点は、スタートと二の足がいずれも遅い点。

追走できない

一言でいうとここに尽きます。

しかしながら、今の中山ならダート馬にもチャンスあり。
脚質は後ろからの追い込み一手ですが、ダートでは炸裂。

今の中山なら、パワーがいるのも間違いないですし、
先週の段階で差し馬の台頭が目立つ馬場でした。

あくまで馬券の端っこに。
一発大逆転のホームラン狙いの穴馬としてピックアップします。

 

日経新春杯

京都は上述したように雪の影響が心配です。

芝が滑るようだと、どの馬が力を発揮できるか
皆目見当もできません。

逆にミッキーロケットは、丁寧に乗れば力は違うと思いますし、
余力十分で直線に向くことで、まとめて差し切ることは可能でしょう。

ミッキーロケットが堅いと思いつつ、
単穴候補としてピックアップします。
▲ガンコ

もともとダートを使ってきた馬が前走阪神で芝を試して完勝。

その勝ち方は逃げ馬が大きく逃げて、2番手につけるも
3番手以下は更に大きく離れた展開。

そこを4コーナーで先頭に立つと、凌ぎきったという内容でした。

その走りっぷりを見ると、基本的には坂があると厳しいかなと。
最後は見事に足が止まっていましたが、前半の貯金で勝ちました。
今回は平たんの京都。
その上、52kgとハンデも軽い。

最後の直線で脚が止まることは考えにくいです。

逃げ馬がロードヴァンドールなので、ほかの馬も
楽逃げさせるとは思いませんが、

後ろのミッキーロケットや足元の馬場を気にしながらの競馬。

ロードヴァンドールを捉えることができれば、
案外そのまま行ってしまう可能性が高いと考えます。
以上、愛知杯・京成杯・日経新春杯の穴馬の考察でした。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!


ABOUTこの記事をかいた人

フランケル.Jr

人生40年、競馬歴20年。振り返れば人生の半分に競馬がいました。 「見えないものを見る」ことに情熱を注ぐ、少しアレな人。 趣味は磯釣り。海の中は見えないが、魚のいるポイントは見えると豪語。 見えないレース結果を見えるようになるために鋭意研鑽中。