【シルクロードS、根岸S2018】解散する厩舎に注目

ank2018

皆さんこんにちは!アナコーのナナメ読み担当アナコーchigetonです!

今週から東は東京開催が始まり、京都は2回目の開催がスタートですね。

そして毎年この時期になると注目が集まるのが2月いっぱいで引退する騎手や解散する調教師。

JRAの騎手では昨年12月31日ですでに障害の横山義行騎手と平野優騎手が引退されましたが、あとは引退の発表があるのは障害の林満明騎手だけ。(林満明騎手の場合は残り18鞍との事なので2月ではなくもうちょっと先になりそうです。)

調教師では小島太調教師、加藤敬二調教師、福島信晴調教師、和田正道調教師、二本柳俊一調教師、尾形充弘調教師、池上昌弘調教師、岩元市三調教師、佐藤正雄調教師、目野哲也調教師らが70歳で定年、厩舎は解散となります。

 

先週は小島太厩舎の人気薄が激走!?

解散間際になると厩舎一丸となって仕上げてくるケースも多々あるのですが、年明けの重賞で結構頑張ってるなあと思うのは美浦の小島太厩舎ですね。

中山金杯では10番人気のストレンジクォークが3着、そして先週は東海Sでサンマルデュークが単勝164倍で14番人気3着、AJCCでは9歳馬ディサイファが9番人気で4着、馬券にこそ絡みませんでしたがあとちょっとで波乱を演出するところでした。

小島太さんといえば現役時代は記憶よりも記録に残るようなタイプの騎手でしたので、たしかに勇退前にもう一花咲かせそうなイメージはあります。

今週はこの馬に注目?

さて今週の重賞は京都ではシルクロードSが、東京では根岸Sが行われます。

シルクロードSだと2015年に12番人気で3着したセイコーライコウ(鈴木康弘厩舎)なんかは記憶に新しいところ。

2月で引退される調教師の今週の重賞出走馬を探すと3頭いますね。

根岸Sでは佐藤正雄厩舎のサイタスリーレッド

佐藤正雄調教師といえばワンダーアキュートがダートで大活躍でしたね~。

サイタスリーレッドは中央の重賞では少し荷が重いような気もするのですが、ダートの1400は京都、浦和、園田とすべて違う競馬場で3戦して【2.0.1.0】複勝率100%。

比較的追い切りとレース結果が直結するタイプで、24日の坂路では自己ベストに継ぐ2番目の好時計をマーク。

今回はラスト1Fで掛かってしまった点だけが気になりますが、意欲的な調整はされてると思います。

 

シルクロードSは2頭。

福島信晴厩舎のダイアナヘイローは武豊騎手がこれで7戦連続での騎乗。

京都は距離問わず相性よくて【2.4.1.0】複勝率100%。

昨年は夏に4連勝があったりで夏の方が走りそうなイメージのある馬ですが3歳時は1月の京都で新馬戦を勝ち、2月のエルフィンSで2着、昨年も1月の京都の1000万で2着と冬でも何度か好走しています。

休み明けになりますが先週の坂路では51.9-37.3-24.4-12.2とまずまずの時計をマーク。

和田正道厩舎のユキノアイオロスはもう10歳になりますが2走前福島の準OPでは後方から外を回しての差し切り勝ち。京都は今週からBコース替りで少し時計も出るようになると思うのでそうなると厳しいですが、もし時計が掛かって外が伸びるような馬場なら大穴候補でちょっとだけ買いたいです。

今回は重賞の3頭を取り上げましたが、これ以外でもお宝馬はどこかにいるかもしれませんね!

以上、アナコーの戯言でしたー。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!