【根岸ステークス・シルクロードステークス 2018】穴馬の考察

fkj2018

こんにちは、フランケルJr.です。

今週はダートG1フェブラリーSの前哨戦、根岸S。

同じくスプリントG1高松宮記念に繋がるシルクロードS。

古馬の春先のG1を占う意味では貴重なレースとなります。
注目していきましょう。

 

根岸ステークス

全体感としては人気サイドで決着しそうなレースです。
前日オッズで単勝10倍未満は6頭いますので、
この6頭から決まっても何ら不思議ではありません。

展開や過去の傾向から考えると、
まず狙いたくなるのは差し馬。

昨年の勝ち馬カフジテイクは追込みですし、
後ろからの上がり勝負に強い馬に人気が集まります。

となると、逃げ先行勢から買える馬を探すのがベターです。
人気になっているのはブルドッグボス。

2歳時にオキザリス賞を勝っているとはいえ、1200mがベストでしょう。
1400mだと最後は止まると見ます。

1400mで結果を出しているのがサイタスリーレッド。
4走前は左回りの浦和・オーバルスプリントで、

ブルドッグボスや浦和1400m巧者のレーザーバレットを退けて
0.4差の完勝でした。

2走前3走前が中央のレースでいずれも二桁着順。
両レースとも4コーナーから直線を向いてさあ追い出すぞの
タイミングで前をカットされる不運。

中央だと運がないのかな~という気がしないではありませんが、
能力的には十分通用するので、
先行勢の中でのイチオシとして、穴馬に推奨します。

▲10番サイタスリーレッド

 

シルクロードステークス

こちらもなかなかの混戦模様です。
前日1番人気はデムーロ騎乗のアレスバローズ。

デムーロ人気もあっての1番人気でしょう。

ダイアナヘイローが実績的には買いたいところですが、
自信をもって単勝勝負とならないのは、
明らかに高松宮記念への叩き台という見られているからでしょう。

その通りだと私も考えます。

そんな中で今回は人気を落としているところを狙います。

▲4番フミノムーン

ある程度ペースの早い流れの方が合っているタイプで、
ナックビーナスは外枠からハナに立つため、
最初の2Fのペースは上がるでしょう。

脚質は自在で、スタートさえ決まれば
スムーズなレース運びで勝負できます。

国分優作にそれができるかどうかはポイントですが、
スタートさえ決まれば、なんとなると考えて
穴馬に指名します。

先行4番手5番手くらいで上がり3位以内を使って
3着以内に入れるのではないでしょうか。

以上、根岸S・シルクロードSの穴馬の考察でした。

その他の買い目については馬柱(有料会員限定)を
参考にしてみてください。

寒波が厳しいのですが、懐が暖かくなるように
競馬を楽しんでいきましょう!!

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!