社台系生産馬の注目騎手(その1)

ank2018

皆さんこんにちは!アナコーのナナメ読み担当アナコーchigetonです!

少し前の話になってしまいますが、昨年の有馬記念。

結果的に考えると1番人気キタサンブラックが勝って、3番人気シュヴァルグランが3着。

この2頭は比較的順当に見える結果だったと思いますが、私が知りうる色々なデータで考えると実はこの人気2頭は相当買いにくい馬でもありました。

しかしキタサンブラックは有馬記念を勝てば生涯獲得賞金でテイエムオペラオーを抜いて歴代1位に。

そんなキタサンブラックを1番勝たせたいと思っていたのは誰なのか?

社台スタリオンステーションに種牡馬入りするという事を考えれば、それは競馬ファンでもなく、北島三郎オーナーでもなく、生産者だったはず。

現在の競馬予想は社台グループを中心に生産側の意図を考えていかないといけないのだなあと、改めて反省させられた1戦でした。

そこで今回は少し長くなるのですがこれから数回に分けて、社台グループではどの騎手が起用される時に勝負気配があるのか?などを調査してみようと思います。

今回は手始めに2018年のノーザンF生産馬の騎手について調べてみました。

2018年ノーザンF騎乗馬でのリーディング騎手

2018y02m09d_175539304

上記は2018年のノーザンF生産馬に騎乗した騎手リーディングになります。

C.ルメール騎手は今年20回騎乗して【5.5.1.9】勝率25%複勝率55%

ちょっと競馬に詳しい方なら皆さんご存知だと思いますが、昨年もノーザンF生産馬でたくさんの勝ち星を挙げてますし、これは順当な結果でしょうか。

ちょっと意外といったら失礼かもしれませんが武豊騎手も今年はノーザンF生産馬で活躍してますね。

こちらは今年まだ9回しか騎乗していないのですが【5.1.1.2】で勝率はなんと55.6%!

2018y02m09d_181135933

武豊騎手の個別の成績がこちら。

詳細をみると5~6歳馬では【0.1.1.2】と未勝利なのですが、3~4歳馬の人気馬騎乗時に【5.0.0.0】とパーフェクトな数字を残してますね。

先週も東京新聞杯では古馬とは初対決だったリスグラシューで鮮やかな差し切りを魅せてくれました。

若い人気馬が回ってくるという事はそれだけ信頼されてるという事でしょうか。

成績的に特徴があるのが川田騎手。

全部で【2.7.5.9】で複勝率は60.9%と優秀なのですが、やたらと2.3着が多いんです

ただ1月は【0.7.5.7】と未勝利に終わったのですが、先週は東京で2勝を挙げてるのでここから流れが変わるのか?

それとも関西圏に戻ると再び2.3着が増えるのか?ちょっと注目して見てみたいですね。

池添騎手も武豊騎手と同じで乗鞍は少ないのですが【2.2.1.4】複勝率55.6%となかなかの数字

池添騎手は今後関東に拠点をうつすかも?なんて話も聞きましたが、美浦の大竹正博厩舎の馬に2回騎乗して【1.1.0.0】。

先週の東京でもノーザンFの馬では2戦2連対だったので今後関東圏、関東の厩舎での騎乗では特に注目してみたいです。

2018年ノーザンF生産馬でこの騎手が未勝利

今度は今年ノーザンF生産馬でまったく勝てていない騎手を何人か。

津村明秀騎手は今年15回騎乗して【0.4.1.10】と2着は4本あるもののまだ未勝利。

ただし津村騎手の場合はほとんど人気馬に騎乗しておらず2番人気が1回あるだけ。

馬券になった5回は2.8.11.4.7番人気でのものなのでノーザンF生産の穴騎手として注目できるかも

荻野極騎手は【0.1.3.15】で今年はまだ未勝利。

こちらも人気馬での騎乗は少な目ですが、8番人気、12番人気といった人気薄での好走もありますね。

他では横山典弘騎手が【0.1.0.5】、松山騎手が【0.0.1.7】、吉田隼人騎手が【0.0.1.6】、幸騎手が【0.0.1.7】、田辺騎手が【0.0.0.8】

特に横山典弘騎手は1番人気に3回騎乗して【0.1.0.2】なのでこの成績はちょっと芳しくないですね。

田辺騎手は1番人気にはまだ1度も騎乗していませんが、2.3番人気馬には各1回騎乗。去年はもうちょっとやれてたと思うので、今年は調子を落としている印象です。

今週の出走馬をみると?

最後に今週のノーザンF生産馬の出走馬を見てみようと思います。

C.ルメール騎手
02/12(月)
東京04Rアルビオリクス
東京09Rイストワールファム
東京11Rアルーシャ

武豊騎手
02/10(土)
小倉06Rラルク(5歳)
小倉08Rチカリータ(5歳)
小倉09Rスーパーフェザー(3歳)
02/11(日)
東京09Rヒストリア(4歳)
東京11Rグレイル(3歳)
02/12(月)
東京10Rラプソディーア(4歳)

川田騎手
02/11(日)
京都10Rアドマイヤロブソン
京都11Rアルアイン
02/12(月)
東京11Rフィニフティ

ルメール騎手は騎乗停止で今週は土日の騎乗がなし。月曜日は土日の分まで固め打ちがあるかどうか?注目です。

武豊騎手は今週はノーザンF生産馬に6頭も騎乗しますね。3~4歳馬にも4頭騎乗するのでどれも注目したいですが、やっぱり共同通信杯のグレイルには注目が集まりそうです。

グレイルはすでに重賞を勝ってるのでここは試走の意味が大きいでしょうし、距離短縮はプラスとは思えないのですが、タイムフライヤーを負かしてる馬なので能力的に馬券から外しにくいですね。

あとは今週から短期免許でD.バルジュー騎手、R.ムーア騎手、F.ミナリク騎手が来日。

ドイツのF.ミナリク騎手は過去にJCで何度か騎乗していて、昨年来日時は社台Fの馬にも平場で乗って2着があり、バルジュー騎手も今週はレイデオロなどに騎乗もありますけど、やっぱりエースはR.ムーア騎手でしょうね。

ちなみにムーア騎手は騎手人気が凄いので馬券になるのは人気馬ばかりですが、2015年以降前走騎乗していた騎手別成績だとこんな感じ。

2018y02m09d_200010628

戸崎騎手からの乗り替り勝率が高いです。

R.ムーア騎手
02/10(土)
京都05Rガナドゥール
京都07Rフレグラントブレス
京都08Rバレーロ
京都10Rサトノリュウガ(前走福永騎手)
京都11Rサトノアーサー
02/11(日)
東京07Rサトノマックス(前走シュタルケ騎手)
東京08Rラボーナ(前走鮫島克駿騎手)
東京11Rサトノソルタス
東京12Rランガディア(前走戸崎騎手)
02/12(月)
東京05Rグロンディオーズ
東京09Rカービングパス
東京10Rロワアブソリュー
東京12Rアンティノウス(前走ルメール騎手)

あとは日曜日は初音Sでミリッサに横山典弘騎手が騎乗。それなりに人気の一角となりそうですが、今年ノーザンFの馬で初勝利なるか?それともまた勝てないのか?こちらも注目してみたいと思います。

以上、アナコーの戯言でしたー。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!