【きさらぎ賞・東京新聞杯 2018】穴馬の考察

fkj2018

こんにちは、フランケルJr.です。

先週シルクロードSではこのコーナーでフミノムーンを指名も、
馬券的には的中に至らず。

今週こそは、バッチリ的中と行きましょう。
きさらぎ賞、東京新聞杯それぞれの穴馬を考察していきます。

両レースに共通するところとしては、日本全国雪の影響で、
馬場が重たくなっている点ですね。

明日はおそらく良馬場発表が出ると思いますが、
実質的には稍重発表と見て、馬券を組み立てます。

きさらぎ賞

3歳クラシックを占う一戦です。
ダノンマジェスティが単勝1.5倍前後の圧倒的な人気になりそうです。

新馬戦の内容は強いの一言。
持っているエンジンはかなりのモノがあると見ました。

しかしながら、その新馬戦で若さを露呈。
外に持ち出したかと思えば、ぶっ飛んでいきました。

和田騎手は武豊TVの新年会で、「馬が若い」と断言していましたので、
操作性は難しい面があるかと思います。

一方で、たとえ操作性が悪くてもコースをちゃんと走ってくれば
勝利はほぼ間違いないでしょう。
それくらい能力は抜けていると思います。

きさらぎ賞では3着馬に穴馬を見出します。

▲ラセット

芝で3戦3連対。といっても未勝利勝ちしたばかりですが。

この馬を穴指名する理由は大きく2つ。

・稍重に適性がありそう
・上がり3Fは負けていない

ペースはスローになると思いますが、
それこそダノンマジェスティが暴走していってしまう可能性はあります。

ダノンマジェスティが暴走すると前の馬は潰されます。
後ろからの決め手勝負に徹することができれば活路は開けるでしょう。

東京新聞杯

人気が割れそうですね。

単勝5倍前後で1-4番人気くらいまでが並んで、
その次のグループが10-15倍で3頭程度。

以下、穴馬という形になりそうです。

アドマイヤリードを書こうかと思っていましたが、
前日オッズで10倍程度とそれなりに評価されていましたので、

東京新聞杯は大穴枠のご紹介です。

▲ベルキャニオン

クラス慣れが必要なタイプで、昇級ごとに何戦も要して出世してきました。

オープンに上がって3戦目。
前走は休み明けのユルユル仕上げでしたが、
4着に踏ん張っていて、中身もそれなりにありました。

叩き2走目、追い切りではかなりいい動きを見せています。

加えて、ドスローの前残りレースが予想される中、
隠れ東京巧者、かつ、稍重巧者。

勝つとは言いませんが、展開・馬場が味方していると判断し、
3着なら、という形で大穴予想とさせていただきます。

先週のフミノムーンと同じような感触です。

以上、きさらぎ賞と東京新聞杯の穴馬の考察でした。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!


ABOUTこの記事をかいた人

フランケル.Jr

人生40年、競馬歴20年。振り返れば人生の半分に競馬がいました。 「見えないものを見る」ことに情熱を注ぐ、少しアレな人。 趣味は磯釣り。海の中は見えないが、魚のいるポイントは見えると豪語。 見えないレース結果を見えるようになるために鋭意研鑽中。