【共同通信杯・京都記念】穴馬の考察

fkj2018

こんにちは、フランケルJr.です。

共同通信杯と京都記念の穴馬を考察していきます。

どちらのレースも本命は単勝1倍台に支持されそうですね。

素直に考えるなら逆らえないのですが、
ワンチャンスありそうな「単勝穴馬」を考えたいと思います。

共同通信杯

グレイルが前日オッズで単勝1倍台。
ホープフルSを制したタイムフライヤーを並ぶ間もなく、
一瞬で交わして勝利でしたので、この人気も仕方なし。

クラシック前哨戦での武豊騎手は、脚を計ることが多いです。
基本的にはクラシック本命馬に対して、逆転のための布石を打つのですが、

今回は自身が本命馬。
この場合は、周りを見ながらギリギリで勝つ、という競馬をします。

グレイルはそれが可能な操縦性の高さを見せているので、
順当に考えるなら逆らうポイントは全くありません。

あるとすれば想定以上に強い馬がいた場合です。

▲9番ステイフーリッシュ

2番人気ですので、穴サイドではありませんが、
逆転できるとすればここしかないでしょう。

新馬戦の内容が、左回りで好位を追走しながら上がり最速。
前走ホープフルSは後ろから行って上がり2位。

今回はグレイルをマークする位置か、そのひとつ前で競馬。
そこから上がり最速を叩き出す競馬をします。

ステイフーリッシュは賞金が足りません。
最低でも2着、できれば勝利が欲しいこの一戦です。

仕上がりも順調なら、逆転の一頭として単勝で狙いましょう。

 

京都記念

レイデオロが単勝1倍台ですね。
相手はデムーロのモズカッチャンか、
皐月賞馬のアルアインか、いう様相です。

レイデオロの不安要素はバルジュー騎手でしょうか。
あまり上手な騎手ではありませんので、取りこぼしはありそうです。

レイデオロ自身には不安要素は皆無です。
馬は強い。

ということで、単穴ですが、

▲3番ディアドラ

混合の1000万下を完勝している実績もあり、
牡馬相手でも怯まないタイプです。

昨秋は成長を大きく感じましたし、
休み明け初戦から力を出せるタイプ。

京都は2勝と相性がいい舞台ですが、
エリザベス女王杯で12着大敗と人気を落としています。

敗因は距離というよりは疲労でしょう。
らしさが追切の時点でありませんでした。

私の当時の予想は
秋華賞で◎、エリザベス女王杯は△。

思い返しても、エリ女では仕上がり一息でした。
ここは逆襲の一戦になると見ます。

レイデオロが馬場の真ん中を抜け出してくるレースをするので、
各ジョッキーはそちらに意識が向きます。

イン突きがハマる下地は出来ています。
展開はプリメラアスールが逃げて番手にクロコスミア。
まずはこの2頭を交わす。

レイデオロはバルジューとケンカして伸びがイマイチ。
その他の馬はレイデオロに合わせて仕掛けるので
一歩遅れる。

この間隙を縫うイメージで、上がり最速をたたき出して勝利。

単勝で狙うならディアドラでしょう。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!


ABOUTこの記事をかいた人

フランケル.Jr

人生40年、競馬歴20年。振り返れば人生の半分に競馬がいました。 「見えないものを見る」ことに情熱を注ぐ、少しアレな人。 趣味は磯釣り。海の中は見えないが、魚のいるポイントは見えると豪語。 見えないレース結果を見えるようになるために鋭意研鑽中。