【フィリーズレビュー&金鯱賞】穴馬の考察

fkj2018

こんにちは、フランケルJr.です。

フィリーズレビューと金鯱賞の穴馬を考察していきましょう。

フィリーズレビュー

フィリーズレビューは桜花賞トライアル。
3着以内馬に優先出走権が付与されます。

考えないといけないのは、

・賞金面で桜花賞出走可能で、調整レースの実績馬
・3着以内を取りたい上がり馬

この取捨を上手くやっていく必要があります。

3勝が一つの目安ですが、3勝をクリアしているのは

アンヴァル
モルトアレグロ

この2頭です。
この2頭は叩き台的な意味合いで出走する可能性が高いでしょう。

その他は3着以内の権利取りが目標。

力関係の判断と、仕上がり具合を見て考えていきましょう。

▲ラブカンプー

逃げ馬はおそらくここでしょう。
内枠を引いたら人気になったかもしれませんが、
ピンク帽では人気も落とすでしょう。

阪神芝1400mに出走経験があり、
持ちタイムとしては2番目のタイムです。

逃げて時計勝負に持ち込んだ未勝利戦。
前々走では1番人気が予想されるモルトアレグロの2着。

前走は小倉でしたがキッチリ勝利。

フィリーズレビューは阪神芝1400m。

フルゲートでスタートからのスピードも速く、
それでいて3コーナー過ぎたら後方馬も動き出す。

要するに休む間もない競馬が予想されます。

地力が問われる一戦になりそうです。

上に挙げたように、逃げて阪神芝1400mでの好タイムあり。
先行勢に突かれながらも大崩れしなかった紅梅Sあり。
小回り右回りの小倉でコーナーリング性能を実証済み。

総合的なバランスで言うと、悪くありません。

逃げて3着以内に粘る、紐穴として推奨します。

金鯱賞

休み明けのスワーヴリチャードが1番人気。
過去の栄光からサトノダイヤモンドが2番人気。
金鯱賞3連覇がかかるヤマカツエースが3番人気。

この3頭でどこに不安があるかと考えると、

まずはサトノダイヤモンド。

海外帰りの競馬は難しく、長期休養を挟んでいますが
状態面で100%というのは難しいでしょう。

左回り巧者のスワーヴリチャードは休み明けでも
アルゼンチン共和国杯で完勝と、むしろ鉄砲タイプ。

正直不安は見当たりません、といいたいところですが、
コーナーがキツイ中京はコーナーリングはどうかな。
それくらいですね。
ヤマカツエースは安定感が売り。
G2大将としてここでも存在感を見せるでしょう。

この3強を崩す馬がすなわち穴馬という位置付けです。

この3強は比較的前でも競馬をするタイプ。
最後方から、というタイプではありません。

一方で、確たる逃げ馬は不在。
ドスローの様子見競馬でまさに公開調教のノリです。

9頭一団で進んでスワーヴリチャードがロングスパートを開始すると
レースが動き始めるというレースになりそうです。
▲7番デニムアンドルビー

切れ味ならここでしょう。
今回が引退レース。

最終追い切りは落ち着き払ったものもでしたが、
「姉さん」と呼びたくなるオーラさえ発しています。

それが、画面越しに伝わってきます。

ドスローの用意ドンのレース。
全馬伸びてくるのは間違いありませんが、

その中で一瞬抜け出して3着以内確保。

引退レースに華を添えるでしょう。
以上、フィリーズレビューと金鯱賞の穴馬の考察でした。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!