大阪杯【大阪芝2000mコースデータ】川田将雅騎手が大得意

yutapondata

こんにちは。

ゆたぽんです。

本日は、大阪杯の舞台である阪神芝2000mのコースデータをご紹介いたします。

大阪杯は1、2枠が苦戦

始めに以下にまとめたのは、阪神芝2000mの枠順別成績です(2015年以降)。

◆阪神芝2000mの枠順別成績(2015年以降)
WS000016

同コースは枠順の有利・不利がほとんどないといってよさそう。枠順によって勝率、連対率、複勝率が大きく変わることはありません。

ただ大阪杯の枠順別成績(過去10年)を見ると、内枠は苦戦しており、中~外枠に好走馬が集中しています(以下参照)。

◆大阪杯の枠順別成績(過去10年)
WS000011

連対馬20頭はすべて3~8枠から誕生。1、2枠は3着止まりで、好走したのも09年4番人気3着カワカミプリンセス、12年2番人気3着トーセンジョーダンと上位人気に推されていた馬たちでした。大阪杯に関しては中~外枠中心に攻めたほうがいいかもしれませんね。

阪神2000mを得意としている騎手は?

次に大阪杯が行われる阪神2000mを得意としている騎手を見ていきましょう(以下参照)。順位は騎乗回数が20回以上ある騎手の中で複勝率が高い順に並べてあります。

◆阪神2000mの騎手別成績(2015年以降)
WS000003

1位は川田将雅騎手。複勝率は唯一、50%台に達しており、複回収率も111%とハイアベレージをマークしています。昨年の大阪杯では7番人気のステファノスに騎乗して2着に好走。騎乗ぶりを見ていても、阪神芝2000mを完全に手の内に入れている感があり、今年も騎乗馬がいたら要注意といっていいでしょう。

2位はM・デムーロ騎手。複勝率は48.3%で川田将雅騎手に及びませんが、勝率、連対率、単回収率では川田将雅騎手以上の数字。これはM・デムーロ騎手の特徴でもありますが、特に同コースでは勝ち切ることが多いようです。

3位はルメール騎手。全体的な数字と勝率、単回収率の高さはM・デムーロ騎手とほぼ同じ。3年前にはG1格上げ前の大阪杯でラキシスに騎乗し、圧倒的な1番人気に支持されていたキズナを破る金星を挙げました。

上位3名以外だと和田竜二騎手が単・複回収率90%台で優秀な数字といえそう。特に単勝19.9倍以下の馬に限ると【5.7.5.18】(勝率14.3%、連対率34.3%、複勝率48.6%、単回収率117%、複回収率115%)と単・複回収率ともに100%を超えています。重賞での活躍は目立ちませんが、下級条件では頻繁に3着以内に好走しています。

阪神2000mを得意としている種牡馬は?

最後に阪神2000mの種牡馬別成績を見ていきましょう(以下参照)。順位は出走回数20回以上ある種牡馬の中で複勝率が高い順に並べてあります。

◆阪神2000mの種牡馬別成績(2015年以降)
WS000007

1位はマンハッタンカフェで、複勝率38.3%、複回収率115%なので相性のいい種牡馬といえそう。同コースで行われるマーメイドステークスでは、16年2着ヒルノマテーラ、17年3着アースライズ、同年2着クインズミラーグロとマンハッタンカフェ産駒が2年連続で3着以内に好走しています。

2位はディープインパクトですが、これは出走馬の質を考えると、同コースとの相性がいい種牡馬とまではいえないか。むしろ積極的に狙いたいのは、ハービンジャー。単勝99.9倍以下の馬に限ると、【8.8.17.44】(勝率10.4%、連対率20.8%、複勝率42.9%、単回収率58%、複回収率106%)と好成績を収めています。大阪杯には同産駒のペルシアンナイトが出走を予定していますが、単勝99倍以下は確実なので、同産駒の特徴を考えると期待値の高い1頭といえるかもしれません。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!