【桜花賞2018データ】チューリップ賞組は3着以下が狙い目

yutapondata

ゆたぽんです。

本日は阪神競馬場で行われる桜花賞のデータをご紹介いたします。

今年の桜花賞の出走予定馬は、ラッキーライラック、アーモンドアイ、リリーノーブル、プリモシーン、リバティハイツ、ハーレムラインなど。いつも通り過去10年のデータをもとに分析していきましょう。

馬体重480キロ以上かつ単勝29.9倍以下の馬が優秀

まずは桜花賞の馬体重別成績(過去10年)をまとめたのが以下の表。

◆桜花賞の馬体重別成績(過去10年)
WS000000

全体的には馬体重は重い方が好成績を残しており、馬体重480~499キロの該当馬は勝率、連対率、複勝率ともにトップ。回収率の面でも優秀なので、同ゾーンの馬は積極的に買ってもいいでしょう。

特に単勝29.9倍以下に限ると【3.2.1.7】(勝率23.1%、連対率38.5%、複勝率46.2%、単回収率198%、複回収率167%)と好成績。13年7番人気1着アユサン(馬体重484キロ、単勝18.0倍)、16年3番人気1着ジュエラー(馬体重494キロ、単勝5.0倍)らが同パターンに該当しています。

小柄な馬は明らかに苦戦しており、特に419キロ以下は【0.1.0.13】(勝率0.0%、連対率7.1%、複勝率7.1%、単回収率0%、複回収率12%)と苦戦。馬券に絡んだのは14年2番人気2着レッドリヴェールのみです。

チューリップ賞組が断然!3着以下の馬に要注意

次に桜花賞の前走レース別成績をまとめました。

◆桜花賞の前走レース成績(過去10年)
WS000002

前走レースはご覧の通り、チューリップ賞組が断然。近年の皐月賞はステップレースが多様化していますが、桜花賞はチューリップ賞の一本被りという状態です。過去5年の3着以内馬15頭のうち12頭が同組に該当しており、チューリップ賞組抜きに桜花賞は語れません。

ただチューリップ賞の着順と桜花賞の結果には面白い関係性があり、それはチューリップ賞の着順は悪い方が桜花賞で好成績を収めていること。以下でまとめたのは桜花賞のチューリップ賞着順別成績でハッキリとチューリップ賞3着以下>チューリップ賞1、2着という結果が出ています。

◆桜花賞のチューリップ賞着順別成績(過去10年)
WS000003

上の数字をチューリップ賞1、2着と3着以下に分けると、

チューリップ賞1、2着【4.1.2.11】(勝率22.2%、連対率27.8%、複勝率38.9%、単回収率56%、複回収率68%)
チューリップ賞3着以下【3.3.4.16】(勝率11.5%、連対率23.1%、複勝率38.5%、単回収率127%、複回収率209%)

という数字。好走率はもちろん、回収率の面では断然チューリップ賞3着以下>チューリップ賞1、2着といえます。

桜花賞2018のデータ推奨馬は?

それでは桜花賞2018のデータ推奨馬を見ていきましょう。馬体重は分からないのでチューリップ賞3着以下の馬に限定すると、

リリーノーブル(チューリップ賞3着)
シグナライズ(同6着)
スカーレットカラー(同7着)
サヤカチャン(同10着)

の4頭が該当。この4頭が桜花賞で期待値の高い馬といえるでしょうか。特に注目したいのはリリーノーブル。前走チューリップ賞は休み明けだった上、スローペースの加速力勝負になってしまい、サンデーサイレンス系のラッキーライラック、マウレアに劣ってしまった印象。桜花賞は18頭立てのフルゲートが必至ですし、本馬のレースセンスが最大限に生きてくるかもしれません。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!