【フローラステークス2018データ】阪神芝1800mの500万下組が好相性

yutapondata

ゆたぽんです。

本日は東京競馬場で行われるフローラステークスのデータをご紹介いたします。

今年のフローラステークスの出走予定馬は、サラキア、サトノワルキューレ、ウスベニノキミ、ノームコア、レッドベルローズなど。いつも通り過去10年のデータをもとに分析していきましょう。

先週の皐月賞は◎エポカドーロ→○サンリヴァル→▲ジェネラーレウーノで決まり、実馬券では1万円が119万円になったのですが、こちらの印を入れ忘れてしまいました。今週からは忘れないように頑張ろうと思います(笑)

前走芝1800m以下の500万下組が中心

始めに以下にまとめたのはフローラステークスの前走クラス別成績(過去10年)です。

◆フローラステークスの前走クラス別成績(過去10年)
WS000000

中心になっているのは500万下組。3着以内馬30頭のうち15頭は同組で、昇級の壁はほとんどないレースと見ていいでしょう。ただ未勝利から好走したのはわずか4頭。昇級の壁はないといっても未勝利からの直行だと苦戦するようです。

特に相性がいいのは芝1800m以下の500万下組。同条件に該当した馬は【3.4.2.27】(勝率8.3%、連対率19.4%、複勝率25.0%、単回収率126%、複回収率197%)と高い回収率をマークしています。

中でも阪神芝1800m組は【2.3.2.9】(勝率12.5%、連対率31.3%、複勝率43.8%、単回収率51%、複回収率383%)と抜群の成績。14年6番人気2着ブランネージュ、15年2番人気1着シングウィズジョイ、同年3番人気3着マキシマムドパリ、17年10番人気2着ヤマカツグレースらが該当しています。

オープン特別組は明らかに苦戦。同組から好走したのはアネモネステークスを勝利してこのレースに挑んだ16年3番人気1着チェッキーノのみ。同馬はオークスでも2着に好走しており、別格だったと判断していいでしょう。重賞組も全体的に低調な成績に終わっています。

フローラステークス2018のデータ推奨馬は?

それではフローラステークス2018のデータ推奨馬を見ていきましょう。500万下組の中から阪神芝1800m組を見ていくと、

オスカールビー(君子蘭賞5着)
ガールズバンド(君子蘭賞6着)
センテリュオ(君子蘭賞2着)

の3頭が該当。特に君子蘭賞で再先着を果たしたセンテリュオは上り最速をマークしており、中身も濃い競馬。実績はありませんが、能力は重賞級のものを秘めており、キャリア2戦しかありませんが、ここを勝利して一気にオークスの有力候補に名乗りを上げても不思議ではないでしょう。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!