【天皇賞・秋2015】逆張り考察予想~難解重賞をどう考えれば良い

gyakubaritennnou

皆様こんにちは。競馬Studyのイケイケ担当予想家ナツです。

自分でイケイケって言っちゃうとなんか価値が下がってしまいますね。笑

まぁそんな事はさておき今回は天皇賞・秋を逆張り的考察で見たらどうなるか?

ざっと予想をまとめておきたいと思いますので宜しくお願い致します。

天皇賞・秋の逆張り的考察

 

ひとえに逆張りと言っても色々な考え方があるのですが、

僕の中での逆張りと言うのは 大衆意見の真逆を行くことを言います。

株式トレードをやる方からすると聞き慣れている言葉とは思いますが、

例えば最近で言うと中国の株が暴落しましたが、

アレを逆張り的張り方をしていれば大儲け出来ましたね?

 

 

しかし世の中では注目はまだまだ成長を遂げるだろうと言われていて

おそらく多くの方が安心して投資していたはずなんですね。

だが、いきなりどこかのタイミングで大暴落してしまうと言うこともある。

 

 

これを今週の天皇賞・秋に応用すると・・・

「ラブリーデイはまず堅いだろうから軸に出来るだろう」

と言う考え方ですね。おそらく多くの方がそう思っているはず。

 

 

「ここまでの勝ち方は強かったし、そろそろ本格かしたな!」

「ラブリーデイがこのまま有馬記念まで勝ち続けるのでは?」

「前走もめちゃくちゃ強かったし、ココは通過点だろうな!」

 

 

おそらくこういう声が多く出てきそうに思っております。

ですが・・・本当にそうなのでしょうか?

 

 

確かに距離も2000m替わりは更に良くなるだろうし、ローテも良い。

それでいて死角も無さそうでこれは堅い軸になるな!

なんて思いそうですが、そう言って飛んできた馬を私は数々見てきました。

 

 

2015年ヴィクトリアマイルのヌーヴォレコルトがそんな感じでしたね。

大衆意見としては「まず飛ばないだろう」という声が多かった。

実際に私もそう思っていた軸にしました。(情けない話ですorz)

 

 

ですが蓋を開けてみたらぶっ飛んで大荒れ。

こうなってしまった要因としていくつかあるのですが・・・

「他ジョッキーもヌーヴォレコルトが抜けていると思っていたから」

というのが最も大きな要因になったのでは?と考えます。

 

 

ここ最近は馬の能力がかなり上がっていて騎手の考え一つで

大きく着順が入れ替わるレースが増えてきているのは事実です。

実際、先日開催された菊花賞なんかもそうでしょうね。

 

 

乱ペースになって折り合いに重視して上手く乗った北村宏の作戦勝ち。

逆にヴィクトリアマイルなんかは岩田をマークして乗った馬たちは全滅。

自分の競馬をした馬達が上位に入選するという形になりました。

 

 

このようにして騎手の心理を読み解いてくと穴馬が浮かび上がってきます。

そして天皇賞・秋においてラブリーデイをマークしすぎて全滅するなら

残り目はじっと内目で脚を溜めて自分の競馬に駆ける馬ではないか?

 

 

エイシンが逃げて、ラブリーが早めに捕まえに行く。

そして直線でラブリーが抜けだしたから内からスルスルと

追い込んできて差し切り~!大穴も一緒にくっついてきて大万馬券!

なんてこともあるかもしれませんね。

 

それではまた。予想家ナツでした~。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!