【2018NHKマイルカップ】3歳マイル王者決定戦!

sasukeroman

「咲助の一刀両断 ロマン!」のコーナーです!

 

 

さて、先週の天皇賞・春はいかがでしたでしょうか?

 

第157回天皇賞・春(29日・京都11R3200メートル芝17頭、G1)は

2番人気のレインボーライン(岩田康誠騎乗)が3分16秒2で優勝した。

G1レース初勝利を挙げるとともに、1着賞金1億5千万円を獲得した。

岩田騎手、浅見秀一調教師は、ともにこのレース2勝目。

レインボーラインは中団のやや後方を追走。

最後の直線に入ると1番人気のシュヴァルグランが抜け出したが

鋭く追い込み、ゴール寸前でかわして首差をつけた。

3着は4番人気のクリンチャー。

 

 

さて、話は変わりまし今週末はNHKマイルカップが行われます!

 

2009年に単勝10番人気のジョーカプチーノ、

2013年に同10番人気のマイネルホウオウが優勝しているのをはじめ、

過去10年で単勝10番人気以下の馬が9頭3着以内に入っている。

また、2008年の勝ち馬ディープスカイは次走で日本ダービーに優勝、

2011年の3着馬リアルインパクトは次走で安田記念を制しており、

出走馬の今後の動向にも注目してみたい。

 

【2018NHKマイルカップ】3歳マイル王者決定戦!

 

さっそく出走予定馬を見てみましょう!

 

アイスフィヨルド 牡3 57
アルジャーノン 牡3 57
アンコールプリュ 牝3 55
カシアス 牡3 57
カツジ 牡3 57
ギベオン 牡3 57
ケイアイノーテック 牡3 57
タワーオブロンドン 牡3 57
ダノンスマッシュ 牡3 57
テトラドラクマ 牝3 55
デルタバローズ 牡3 57
トーセンブレス 牝3 55
パクスアメリカーナ 牡3 57
ファストアプローチ 牡3 57
フロンティア 牡3 57
プリモシーン 牝3 55
ミスターメロディ 牡3 57
ミュージアムヒル 牝3 55
リョーノテソーロ 牡3 57
ルーカス 牡3 57
レッドヴェイロン 牡3 57
ロックディスタウン 牝3 55

 

 

 

ステップレースのアーリントンCを外目から余裕をもって差し切った

タワーオブロンドンがこのメンバーなら力上位か。

戦前は距離不安などが囁かれたが、終わってみれば着差以上の余裕をもった差し切りだった。

やはり朝日杯FS3着は負けた相手が悪かった(ダノンプレミアム・ステルヴィオ)だけであり、

その2頭がクラシック戦線に流れた今マイル路線なら地力は一枚上か。

スピードの活かせる東京コースにも実績があり、時計決着も歓迎するところ。

揉まれた際にどうかという懸念こそあるが、前走のようにスムーズに走れれば最右翼だ。

 

前哨戦のNZTで末脚を活かす競馬で新味を見せ勝利したカツジも、

マイルなら十分にこのメンバーでも通用する力のある1頭だ。

もともと先行してデイリー杯2歳S2着の実績があったが、

前走は出遅れもあり後方からの競馬を余儀なくされた。

これが功を奏したとでも言うか、メンバー最速の上がりで一気に先頭まで突き抜けたのは見事。

ディープインパクト産駒らしいキレと持続力を見せつけた格好だ。

初の輸送と左回りさえこなせればチャンスは十分にありそう。

そのカツジに前走のNZTでは惜しくも破れて2着だった

ケイアイノーテックも素質は間違いない1頭。

武豊騎手が騎乗予定であったが騎乗停止により藤岡佑介騎手とのコンビで挑む。

前走は中山コースということを意識して早めに捲くる競馬を試みたが、

馬群が固まっておりその分大外に振られてしまったのが最後まで響いた印象。

それでも最後まで脚を使いカツジとはハナ差の勝負に持ち込んでおり、

東京コースでじっくり末脚を溜める競馬ができればアタマまで突き抜ける破壊力は十分にある。

ダービー馬候補の声も名高いブラストワンピースには敗れたものの、

初重賞挑戦となった前走の毎日杯(2着)で賞金を加算したギベオンがマイルに矛先を向けてきた。

前走は中団から長くいい脚をつかって2着。

坂で若干末脚が鈍ったような気もしたが、

この辺りを距離短縮でカバーしようという陣営の魂胆かもしれない。

ゴーストザッパーの肌にディープインパクトという配合で、

平均スピードが高い印象の配合。

東京コースにも実績がありマイルがハマれば一発も十分。

前走のクイーンCで逃げ切りを決めたテトラドラクマも面白い。

田辺騎手が後続に脚を使わせるような変則的なラップを決めての逃げ切りであったが、

特に先行馬のいない今回もその再現を狙ってくる可能性は高い。

有力馬に差し馬が多いだけに、後続が牽制するようならあれよあれよの逃げ切りまで。

 

他にも安定感あるパクスアメリカーナ、

転厩2戦目で落ち着きあればのロックディスタウン、

ファルコンSを制した快速馬ミスターメロディ、

モーリスの弟ルーカス、

桜花賞は揉まれて案外だったプリモシーンなどが逆転を狙っている。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!