【ヴィクトリアマイル2018】穴馬の考察

fkj2018

こんにちは、フランケルJr.です。

荒れるG1と言えばヴィクトリアマイル。
かつては2000万馬券が飛び出しています。

今年も大穴馬で考えたい馬はいますが、
それでも当てないと始まりません。

的中を最重視しつつ、穴馬・大穴馬を紹介したいと思います。
まず、舞台は東京マイル。
みなさんはどんなイメージをお持ちですか?

展開による影響が大きいレースと私は考えています。

一方で、圧倒的な決め手を持つ馬の場合は展開不問。
直線だけで勝ち切ることもあるレースとも言えます。

出走メンバーの中で圧倒的な決め手を持つ馬は不在。
VMでは展開による影響が大きいと見るべきでしょう。
逃げを打つのはカワキタエンカ。
ペースは馬のリズム重視で、スローに落とすこともあれば
それなりのペースで淡々と進める場合もあります。

今回はテン乗りの大野騎手。
逃げの上手い騎手とは言えず、かといって馬のリズムに
任せるよりタイプでもなく。

レース前から展開予想が困難な状況にあることを
まずは自覚したいと思います。
結論としては展開から決め打ちは、
「おそらく、そうはならない」が正解でしょう。
続いて、近走の内容から見ていきます。

4連勝ミスパンテール、ついにG1に手が届くか。
鞍上は横山典騎手。いい方でも悪い方でもやってくれそうな気配です。

純粋に馬の力を考えると4連勝は地力無しではできません。
シンプルに強いと考えます。

一方でこれといった決め手が見当たらないのも事実。
勝負根性は立派ですが、それ以外は総合的に能力が高い。

このタイプですが、G1は飛び抜けた能力を持っていてかつ、
その得意パターンに入ったときに勝てるレースです。

圧倒的なチャンピオンホースの場合は、条件をとやかく言いませんが、
そんな馬もいない中でのレース。

各馬の武器を並べて、ドハマりした馬が勝つ、と見るのが間違いないでしょう。
本日は穴馬・大穴馬にいきましょう。

単穴として狙いたいのは前日オッズが
6番人気10.7倍の

レッツゴードンキ

高松宮記念2着のスピードと衰え知らず。
時計は早くなりそうな上、スタミナ面もフェブラリー5着と実証済み。

VMでは鬼門の1枠1番ではありますが、
鞍上岩田も展開不問のタイプ。

得意のイン差しがハマるパターンは十分に想定できます。
大穴で考えているのは

エテルナミノル

生粋のサウスポーですが、あまり左回りを使わず2戦2勝のみ。
中枠、好位2番手からの競馬で押し切りを狙いますが、

この馬に関しては最後は差されるでしょう。
しかし、前日オッズは16番人気148倍。

VM自体が逃げ先行馬の強いレースです。
ならば、そこから一頭ピックアップするなら。

このように考えると答えはエテルナミノルでした。
2000mの愛知杯で勝利したようにスタミナは心配なし。

追走のスピードで力を使い果たす可能性はありますが、
今の高速馬場ならワンチャンスありと見ます。
以上、ヴィクトリアマイルの穴馬・大穴馬の考察でした。

2000万馬券を夢に見ながら勝負と行きましょう。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!


ABOUTこの記事をかいた人

フランケル.Jr

人生40年、競馬歴20年。振り返れば人生の半分に競馬がいました。 「見えないものを見る」ことに情熱を注ぐ、少しアレな人。 趣味は磯釣り。海の中は見えないが、魚のいるポイントは見えると豪語。 見えないレース結果を見えるようになるために鋭意研鑽中。