【日本ダービー2018】前走皐月賞組で着順よりも大事なファクター

ank2018

皆さんこんにちは!アナコーのナナメ読み担当アナコーchigetonです!

今週は東京競馬場の5週連続G1の第4弾、日本ダービーです!!

私のブログでもダービーに関するデータは色々と書いたのですが、まだまだ書き足りない事があるのでここではその辺について書いてみようと思います。

前走皐月賞組以外の馬ってどうなの?

今年は皐月賞を使えず前走弥生賞から挑むダノンプレミアム、毎日杯から挑むブラストワンピースなど皐月賞組以外も人気を集めそうな日本ダービー。

そこでまずは前走皐月賞組以外の人気馬の成績について調べてみました。

2018y05m24d_154644567

上記画像はグレード制が導入された1986年以降の日本ダービーにおいて

  • 単勝7倍未満の人気
  • 前走皐月賞以外のレースに出走

以上の条件を満たした馬で全部で22頭が走って【5.6.2.9】複勝率59.1%単回値76複回値104となっています。

前哨戦が現在と同じようになった2001年以降で見ると11頭が走って【4.3.2.2】複勝率81.8%と近年はなかなかの数字ですね。

NHKマイルCが当面の大目標だったと思われるクロフネと、青葉賞では同厩馬のアシスト+有利な1枠で圧勝して人気を集めてしまったペルーサを除くとすべて馬券になってますから、皐月賞を使っていないのに人気を集める馬評価すべきですね。

前走弥生賞から挑むダノンプレミアム、毎日杯から挑むブラストワンピースは人気でもあまり評価は下げないようしようと思います。

皐月賞組は着順よりも人気を優先

今度は前走皐月賞組についてのお話。

1986年以降データ面でみると

皐月賞1~3着馬の日本ダービー成績は【18.9.7.43】複勝率44.2%
皐月賞1~3番人気馬の日本ダービー成績は【16.12.6.41】複勝率45.3%

皐月賞の1~3着馬と1~3番人気馬の成績はアベレージでみると大差はないのですが

皐月賞の1~3着馬が揃って出走したのはこれまで16回あってその内2007年、2009年、2017年は1頭も馬券に絡みませんでした。

一方皐月賞1~3番人気馬が揃って出走したのもこれまでに16回あるのですが、1頭も馬券に絡まなかったのは1996年フサイチコンコルドの勝った年、1度だけ。

コンスタントに馬券に絡むという意味では皐月賞組は着順よりも人気を優先した方がよさそうです。

今年は皐月賞1~3着馬と皐月賞1~3番人気馬が揃って出走しますね

皐月賞1~3着馬
1着エポカドーロ
2着サンリヴァル
3着ジェネラーレウーノ

皐月賞1~3番人気馬
1番人気ワグネリアン
2番人気ステルヴィオ
3番人気キタノコマンドール

データ通りならワグネリアンステルヴィオキタノコマンドールのどれか1頭は巻き返しがありそう?

ダノンプレミアムは皐月賞幻の1番人気じゃね?という突っ込みはなしでお願いします笑

以上、アナコーの戯言でしたー

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!