【函館スプリントステークス2018】洋芝+高速馬場で浮上する穴馬候補

ank2018

皆さんこんにちは!アナコーのナナメ読み担当アナコーchigetonです!

今週はG1もお休みとなりますが、新緑の絨毯で心洗われるシーズン到来!夏の北海道シリーズで函館が開幕です!

近年は馬場が高速化しすぎて私の大好きだった函館でなくなってきたのは残念なのですが、それでも血統を始め色々な偏りが出やすい競馬場で楽しみです。

さて本日はそんな函館開幕週に行われる函館スプリントステークス2018について。

洋芝と高速馬場というキーワードから浮上する穴馬を考えてみたいと思います。

洋芝巧者に注目!

エポワスは狙うのが1年早かったです・・・

函館といえば洋芝の開催。かつては全場でもっとも時計の掛かる重たい馬場でしたが、一昨年あたりからかなり速い時計が出るようになりました。

今週は火曜水曜あたりまで雨が降ったようですが、この後は雨は降らない見込み。重馬場の芝コースでの調教でもラスト1F11秒台が出てますから、乾いてくれば今年も結構速い時計の出る馬場になるのかなと思います。

そこで今回個人的に注目したいと思っているのは洋芝実績+速い時計の実績がある馬

実は一昨年の函館スプリントSでもここに注目して、3年前に札幌のOPでレコード勝ちのあったエポワスに◎を打ったのですが、あと一列前で競馬してれば・・・という内容で5着敗退でした。そして昨年は年齢もあって◎に狙いきれませんでしたが今度は3着に走られてしまい悔しい思いをしました(涙)

ただそんなエポワスももう10歳。昨年函館スプリントS好走以降は、時計の掛かったキーンランドカップを勝っちゃいましたので、さすがにこの馬に時計勝負を望むのはもう厳しい気がします。

 

洋芝実績+持ち時計のある馬は?

洋芝実績+持ち時計のある馬といえばまず昨年1分6秒8のレコードで函館スプリントSを制したジューヌエコール
しかしその後は4戦して12.14.12.17着と大敗続きですね。

今回追い切りでは大好きな?函館に入って最近の中では少し気配は良さそうに見えました。
ただ昨年は併せ馬で馬場の外目を回っていたのが、今年は内、動きも昨年の方がもっとよかったと思います。
それでも近況大敗してても海を渡った途端に走る馬がいるのも北海道シリーズの特徴。
逆にいえばここでいいところがないとこの馬は競争馬としてもこの先苦労しそうですし、陣営としてはこの辺で何か感触が欲しいところなんじゃないでしょうか。

余談ですけど昨年はレース直後に勝ち時計を見て、「こんなの俺の知ってる函館じゃないや」って思いました。

本来時計の掛かる馬場というのは、速い時計では走れないけど、遅い時計なら活躍できる馬の受け皿でもある訳です。

中央場所では活躍できないけど北海道なら好走できる・・・

JRAさんはそういう馬達が活躍する場を奪ってしまってる事に気づいていないんでしょうね。

レコードが出ればファンが喜ぶ、直線が長くなればファンが喜ぶと思っているのなら悲しい限りです。。。

 

さて話は戻って今度は昨年函館スプリントS2着のキングハート
北海道の競馬は昨年の函館スプリントS1回しか経験がないのですが、昨年1分7秒2で駆けてますからこれは無視できない存在。
ラスト1Fが掛かる競馬が得意な馬でもあるので、前がやりあってくれるようだと面白そう。
母父マイネルラヴは過去2年函館芝1200は6頭で計14走して【2.3.2.7】複勝率50%と血統的にも後押し。

ティーハーフは2015年の函館スプリントS勝ち馬。ただ当時の時計は1分8秒3と昨年よりも1.5秒も遅い決着でのもの。前走鞍馬Sは1分8秒0の時計で勝ってるので、前がつぶれる展開で3着くらいなら。
今週は水曜日に重馬場の函館ウッドコースで追われて5F70秒台をマーク。時計は平凡に見えますが、調教終わりに近い馬場の荒れた時間帯でのもので、この前後の時間帯数十頭で5Fから時計を出して馬場の外目を通ってラスト1F12秒台をマークしたのはこの馬だけ。調子自体いいんじゃないかと思います。
もし土曜日予想外に時計が掛かってるようならここから入る手も。

ヒルノデイバローは昨年札幌のUHB賞を1分7秒7で駆けて2着。
ティーハーフよりはかなり前ですがこれもそこそこ馬場が荒れてる時間帯の函館ウッドで、馬場の内目を通ってのものですけど5F67秒台をマーク。前後の馬はだいたい70秒くらい掛かってるのが多かったので、これもそんなに調子は悪くないんじゃないかも。

最後に大穴候補でタマモブリリアン
今年の出走馬の中で北海道で2勝してるのはこれと高齢のユキノアイオロスだけなんですよね。ユキノアイオロスの場合は最後に北海道で勝ったのは4年も前の事ですし、時計が掛かってこそ馬なんでさすがに手は出ませんが・・・
その点タマモブリリアンは昨年函館開幕週のHTB杯(1000万)をレコード勝ち。
準OPに上がってからはハンデ戦を軽ハンデで走ってるような馬なので能力的には疑問なのですが、洋芝適正だけで函館を好走しちゃうような昔ながらの穴ならこういうタイプかなあと・・・狙い過ぎですかね(笑)
直近5走はすべて時計の掛かる馬場での敗戦でもありますし、今回はデビュー2戦目以来久しぶりの距離短縮戦。25戦も連続で芝1200だけを使われてきた馬なのでこの短縮がいい刺激にならないか?
そんなにいい動きには見えませんでしたが、これも水曜日の函館ウッドで馬場と通ったところを考えると時計自体はそこそこ、北海道+高速馬場で浮上する穴馬候補として気になる1頭ではあります。

今年も北海道ならでは穴馬の活躍を期待したいですね。
以上、アナコーの戯言でしたー。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!