【馬券の買い方講座】馬連編~馬券力向上講座

ikubaken

みなさま、お疲れ様です。IKUです。

本日は馬券の買い方講座:馬連編として、
馬連を買う時の考え方について書かせて頂きます。

もちろん、人それぞれの考え方がありますので
あなたの肌の合う合わないあると思います。

しかし、馬券を構築する際の
「引き出しのひとつ」としてご参考にして頂けますと幸いです。

それでは見て行きましょう!

あなたは本命党?

馬連に限らずですが、
本命党に求められることは「的中率」です。

当てに行っている配当が低いわけですから
当たる確率を上げないと、そのレースでは勝てても
トータルでは勝つことができないですよね?

 

突然ですがここで問題です!

Q.単勝1番人気の馬の連対率(1、2着の確率)はどれくらいでしょうか?






A、約50パーセントです。

つまり、1番人気が馬連の馬券になるのは2回に1回ということです。

これはあなたの感覚で「多い・高い」と思いますか?
「少ない・低い」と思いますか?

1番人気の取捨から馬連の活用を考える

私たちが競馬という知的なギャンブルで楽しく・長く戦うためには
1番人気とどう付き合うかがとても重要です。

そのレースの1番人気が「走る」と思えば軸にすれば良いし、
「怪しい」と思えばヒモにしてあくまで相手の一頭にすれば良い。

それで、1番人気が馬券圏外に飛んでくれれば
美味しい配当を享受できる、というわけです。

 

このように考えると、
馬連という馬券は競馬の&馬券の勉強として持ってこいなんです。

2回に1回に馬連の馬券になる(連対する)
→その馬が馬連の軸として信頼できるかできないか考える練習になる。

極端なお話ですが、
毎回のように1番人気を軸にして相手を総流ししていれば2回に1回は「黙っていても当たる」計算になります。

でもそれをしないのはなぜか?

 

簡単ですよね。

配当が安い組み合わせが多いからです。

つまり、1番人気から馬連を買うなら
相手を絞って買う必要があるということです。

ひとつの提案:馬連の買い方

・1番人気が堅いと思ったら軸にして相手を絞って流す
⇒一般的に言う堅軸として活用(※後日重ね馬券とし捻った見解も書きます)

・1番人気が怪しいと思ったら違う馬を軸にして勝負する
⇒1番人気が飛べば美味しい配当が得られます

本日お話したい馬連の考え方・買い方としては
上記2点についてです。

 

当たり前といえば当たり前ですけれど
これまでしっかりと意識できていましたでしょうか?

馬連は1番人気を見極める「馬券力」の訓練にもってこいです!

是非、今週から自分の馬券力を高めるために
1番人気の見極めを取り入れてみて下さいね!

~おまけ~

ち・な・み・に

私自身もそうですが
「軸にしたい馬が1頭に絞れない」と悩む方もいると思います。

そういった時は俗に言う、AB~XY方法を活用しましょう!

ABは人気馬としてXYは人気薄とします。

例えば人気馬2頭を選んで、相手に人気薄5頭を選びます。
合計で10点の組み合わせになりますね?

この時人気同士(A-B)の組み合わせは買いません。
当たった所で配当が知れていますので。

そうですね…

Aはこの際1番人気にしちゃいましょう。
どうせ50パーセント馬連の馬券になるんですから(笑)

そしてBを1番人気以外であなたが最も好走率高いと思う本命馬。

それで後は、面白そうなヒモ馬をピックアップ。

こうすることで、
穴馬が好走するか、Aが飛べば美味しい配当が転がり込みます。

またAは放っておいても2回1回馬券になりますから
的中率は悪くないですよね?

何と無く当たりそうな気がしませんか(笑)?

これはあくまで、その場を楽しく買い方の一例です。

出来れば先にお話したように
1番人気を取捨を意思を持って行いたいですね。

それが必ず自分の競馬力、
そして「馬券力」に繋がりますので^^

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!