【アンドロメダステークス2015】少頭数のレースを検証する

yuta

こんにちは。

ゆたぽんです。

今週は3日間開催ですね。

競馬ファンとしては楽しみな反面、ブロガー&予想家としては大変な3日間です(笑)。

さて土曜日は重賞こそありませんが、京都ではアンドロメダステークス、東京では錦秋ステークスがメインレースで行われます。

そこで今回は京都のアンドロメダステークスに注目。

今年のアンドロメダステークスは11頭立ての少頭数で行われますが、古馬のオープンクラスの少頭数レースはどういう決着になっているのか振り返っていきましょう。

なお少頭数の定義は、11頭立て以下としました。

「古馬オープンクラスの少頭数」は波乱信号!?

皆さんは少頭数のレースにどういうイメージをお持ちですか?

おそらく多くの方は、「少頭数=堅い」と思っているのではないでしょうか。

しかし、実際はその真逆です。

下の表は、11頭立て以下の古馬のオープンクラスのレース結果。みやこステークスから鳴尾記念まで、直近の10レースをまとめました。

151120(表1)

重賞、オープン特別問わず、本当に荒れていますよね(笑)

3連単は、直近10レースのうち8レースで万馬券決着です。

「少頭数=堅い」と思っている方がいれば、ビックリするような結果ではないでしょうか。少し振り返って見ると、

みやこステークスでは1~3番人気がそろって飛び、3連複194倍、3連単1803倍の波乱の決着。

カシオペアステークスでは1番人気が勝ったものの、3着に10番人気の伏兵が入り、3連複148倍、3連単377倍の高配当が飛び出しました。

クイーンステークスでは断然人気のレッドリヴェールが2着に敗退。勝利したのは10頭立ての7番人気メイショウスザンナでした。

ガチガチの決着はほとんどないですよね。

アンドロメダステークスの買い方を考えよう

以上の点を踏まえて、今年のアンドロメダステークスをどう買えばいいのか考えてみましょう。ここでは3連複、3連単を買うと想定します。

波乱前提の決着を想定する場合

軸は人気馬でもいいのですが、相手には必ず人気薄を絡めましょう。ガミってもいいから人気馬同士の組み合わせも抑えるという気持ちは捨てたほうがいいでしょう。少頭数なので点数を絞りたくなりますが、ある程度は手を広げたほうがベターです。

まとめると以下の3点です。

・軸(1列目)が人気馬なら、2列目は必ず人気薄へ流す
・人気馬同士の組み合わせは捨てる
・点数を絞らない

上位人気同士の決着を想定する場合

オススメは3連単。上の表ではいえば、大沼ステークスが良い例でしょう。4→1→2番人気の決着で、3連単129倍でした(3連複は14倍)。肝心なのは、1→2番人気→3、4、5番人気みたいな馬券を買わないこと。一般的に馬単の配当が安ければ、3連単の配当も安いもの。人気馬同士でも3→1番人気や3→2番人気など馬単でそこそこ配当がつくパターンを買えば、3連単も必然的に高配当になります。

まとめると以下の2点です。

・券種は3連単がオススメ
・馬単でガチガチの組み合わせは買わない

今週のアンドロメダステークスはもちろん、少頭数のレースは全般的に買い方が重要になるのでぜひ参考にしてみてください!

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!