【マイルチャンピオンシップ2015】冷静に実力と適性を見極めよう

yuta

こんにちは。

ゆたぽんです。

明日はいよいよマイルチャンピオンシップですね。

モーリスが安田記念に続いてココも制するのか、それとも新たにマイル王が誕生するのか。興味の尽きない一戦になりそうです。

今回は大衆心理の観点からマイルチャンピオンシップをどう見ればいいのか、考えていきましょう。

大衆が穴予想しがちなレース!?

昨今、マイル路線は混沌としています。

古くは、ダイタクヘリオス、タイキシャトル、デュランダル、ダイワメジャーなど。絶対的な王者がこの路線に君臨していました。

しかし、最近はマイル界のスターホースが誕生しておらず、勝ち馬が頻繁に入れ替わる状態。実際、過去5年のマイルチャンピオンシップ勝ち馬を振り返ると、

14年ダノンシャーク(8番人気)
13年トーセンラー(2番人気)
12年サダムパテック(4番人気)
11年エイシンアポロン(5番人気)
10年エーシンフォワード(13番人気)

と伏兵の好走が目立ちます。

さてここで大衆心理を考えてみましょう。

大衆はおそらく「マイルチャンピオンシップ=荒れる」という意識が強いはずで、今年のマイルチャンピオンシップも穴狙いするのではないでしょうか。

そして大衆が穴狙いに徹している時、同じように穴狙いをしていても儲かりません。

ではどうすればいいのか、次の章で見ていきましょう。

穴馬探しより、冷静に実力と適性を見極めよう

大衆が穴予想している時、穴馬のオッズは低くなります。

たとえば、通常なら20倍ついた穴馬が、10倍くらいになったりする。そして10倍になれば、もはや穴馬ではありません。

こういう状況の中で臨むべきスタンスは2つ。

1つはオッズが甘くなっている人気馬から入ること。もう1つは誰もが注目しない大穴から入ることです。

どちらも正解ですが、確率が高いのは前者。今年のマイルチャンピオンシップのメンバーを見ても、大荒れは考えづらいので、人気馬から入っても良さそうです。

ただどの人気馬を選べばいいのかが肝心ですよね。

そこで以下ではプレレーティングと土曜日時点での人気を比較してみましょう。

プレレーティングから信頼できる人気馬は?

まずレーティングとは競走馬の能力を数値化したものです(国際的に統一された基準に基づく)。

そしてプレレーティングとは、本年度のレースで獲得したレーティングの最高値(原則として、GI・JpnI競走は6着まで、その他の重賞・オープン競走は4着までが対象)を表したもの。

JRAではG1レースに限り、登録馬のプレレーティング表を掲載しています。

分かりやすくいうと、各馬が今年一番高いパフォーマンスを示したレースを順位づけしたものですね。

果たして今年のマイルチャンピオンシップはどんな感じになっているのか見ていきましょう(3歳馬と牝馬は、1キロ=2ポンドで斤量補正しています)。

151121表1

前売りで1~5番人気までに支持されている馬を見ると、モーリス(1位)、イスラボニータ(4位)、アルビアーノ(5位)が上位にランクイン。1番人気濃厚のイスラボニータは4位ですが、1位と1ポンド差なので、それほど気にする必要はないでしょう。

逆にサトノアラジン(12位)、フィエロ(14位)は二ケタ順位。特にフィエロは明らかに低い数字ですね。

あくまでも参考程度ですが、JRAのプレレーティング的にはモーリス、イスラボニータ、アルビアーノの中から軸馬を選んだほうが良さそうです。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!