【ジャパンカップ2015】ミッキークイーンは勝てるのか?3歳馬の真実

2015anako

皆さんこんにちは!アナコーのナナメ読み担当アナコーchigetonです!

今週はいよいよジャパンカップですね。

最近はすっかり日本馬優位の競馬になってしまいましたが、個人的にこのレースでもう1つ印象深いのは3歳牝馬の活躍ですね。

レース史上では5頭の3歳牝馬が好走してますが、特にここ10年で印象深いのはフサイチパンドラ、ウオッカ、デインドリーム、ハープスターとG1勝ちある馬が人気を裏切ってるのに対し、レッドディザイア、デニムアンドルビーとG1勝ちのない3歳牝馬が好走してる点ですね。

府中はハンデ戦なんかでも他場に比べて軽ハンデ馬が走る傾向があるので、最も軽い斤量で走れる分3歳牝馬でも活躍しやすいのかなと思います。

 

さて今年は牝馬の二冠馬ミッキークイーンが挑戦して来る事になりました。

1週前追い切りでもいい動きだったのでここに入ってどれだけやれるか?

個人的には非常に楽しみなのですが、ちょっとだけ気になる点もあるんですよね。

 

今年の3歳世代は本当に強いのか?

3歳10月11月の重賞世代別成績

上記画像は過去3年と今年、古馬芝重賞における春のクラシックに出走していた3歳馬10~11月の世代別成績になります。

皐月賞、ダービー、桜花賞、オークスに出走していた3歳馬が秋になって古馬の重賞でどれだけの成績を収めていたのか?世代別で調べてみた訳ですね。

現6歳世代はジャスタウェイ、クラレント、フェノーメノ、ヴィルシーナ、ジェンティルドンナなどがいてなかなかの役者揃いな世代でした。

現5歳世代も、1つ上の世代が強いのにそこそこ活躍できましたからここも3歳時は強い世代だったと思います。(今週JCで1番人気になるであろうラブリーデイもこの中にいました!)

現4歳世代はその前の2世代が強かった事もあるのでしょうが、近年では最も活躍できませんでした。

そして今年・・・昨年の4歳世代よりはいい数字が出ています。

しかし、1つ上の世代がそれほど強くない割に、思ったほどいい数字は出てきませんでした。

牝馬ではレッツゴードンキやルージュバックは秋になって結果が出ていませんし、牡馬も天皇賞秋ではアンビシャス、サトノクラウンが出走しましたがどちらも人気を下回る着順に終わりました。

 

特に牡馬路線では高レベルと言われた共同通信杯組

1着リアルスティール・・・神戸新聞杯2着、菊花賞2着

2着ドゥラメンテ・・・戦線離脱

3着アンビシャス・・・毎日王冠6着、天皇賞秋5着

4着ミュゼエイリアン・・・セントライト記念2着、菊花賞8着

5着アヴニールマルシェ・・・9月ですけど新潟記念4番人気で15着

6着ソールインパクト・・・平場の500万3番人気で13着

秋になって上位馬はまだ未勝利です。

 

日本ダービー上位組も同様で、ミュゼスルタンなんかは9月ですけど新潟記念で1番人気に支持されて16着。

3歳トップクラスは秋になってまだあまり結果を出せてないんですよね。

mikki

 

逆に好走した馬のいるレースを見ると

富士Sダノンプラチナ(1番人気4歳サトノアラジン)

AR共和国杯レーヴミストラル(1番人気4歳ゴールドアクター)

エリザベス女王杯タッチングスピーチ(1番人気4歳ヌーヴォレコルト)

ここまでは4歳馬が1番人気になるようなメンバー構成だと台頭できてるようですね。

 

今週ジャパンカップで1番人気になるのはおそらく5歳ラブリーデイ。

強い5歳世代がいる中でミッキークイーンは3歳馬活躍の突破口になれるかどうか注目ですね。

しかしどっちが勝っても池江厩舎=ノーザンファームなんですよね。

まあそんな事はどうでもいいか(笑)

 

以上アナコーの戯言でしたー。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!