チャンピオンズカップ【中京ダート1800mコースデータ】

yutapondata

こんにちは。

ゆたぽんです。

本日は、チャンピオンズカップの舞台である中京ダート1800mのコースデータをご紹介いたします!

※データは中京競馬場がリニューアルされた2012年以降を基に集計しています。

枠による有利・不利はほとんどない

151202表1

上にまとめたのは、中京ダート1800mの枠順別成績(2012年以降)。

データ分析している身としては困るのですが(笑)、目立った特徴がないコースといえます。

現代競馬は一般的に「内枠=有利、外枠=不利」と思われていますが、中京ダート1800mは内、外ともにフラット。枠はほとんど気にしなくて大丈夫です。

福永騎手がトップ!穴は岩崎騎手と古川騎手

151202表2

上の表では、中京ダート1800mの騎手別成績をまとめてみました(2012年以降)。順位は騎乗回数が20回以上ある騎手の中で複勝率の高い順に並んでいます。

最も優秀なのは福永騎手。複勝率は48.9%をマークし、同コースでは2回に1回は3着以内に入っています。また単・複回収率は100%を超えており、「中京ダート1800mの福永騎手」は覚えておいたほうがいいでしょう。ただ現在は怪我のため療養中。チャンピオンズカップにはもちろん騎乗がありません。

ややマイナーどころでは岩崎騎手、古川騎手が好成績。両騎手とも伏兵でコンスタントに馬券に絡んでおり、穴党の人には要注意の騎手といえます。特に古川騎手は同コースで4コーナー4番手以内だと【5.3.0.2】と抜群の成績を残しています。

サンデーサイレンス系種牡馬の活躍が目立つ

151202表3
上にまとめたのは、中京ダート1800mの種牡馬別成績です(過去10年)。順位は出走回数が20回以上ある種牡馬の中で複勝率の高い順に並んでいます。

現在の日本競馬はサンデーサイレンス系を中心に回っていますが、ダートではキングカメハメハを筆頭にミスタープロスペクターの活躍も目立ちます。

ところが中京ダート1800mは圧倒的にサンデーサイレンス系種牡馬が優位のコース。トップ10入りした馬を見ると、マンハッタンカフェ、スペシャルウィーク、ハーツクライ、ディープスカイ、オンファイア、ステイゴールド、リンカーンとサンデーサイレンス系種牡馬が上位を独占しています。

とくに芝のイメージが強いマンハッタンカフェ、スペシャルウィーク、ハーツクライが上位に入っているのは面白いですね。

ちなみにキングカメハメハは【12.13.13.114】(勝率7.9%、連対率16.4%、複勝率25.0%、単回収率86%、複回収率56%)で15位にランクイン。産駒数が多いので好走することも多いですが、全体的には平凡な数字です。

中京ダート1800mのまとめ

・枠はほぼフラット
・福永騎手が得意!穴は岩崎騎手、古川騎手
・サンデーサイレンス系種牡馬に注目

以上、中京ダート1800mのコースデータでした。今週はチャンピオンズカップを含め中京ダート1800mのレースが5つあるので注目してみてくださいね♪

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!