【チャンピオンズカップ2015】連覇とフェブラリーとの二冠について

yuta

こんにちは。

ゆたぽんです。

12月最初のG1はダート王決定戦・チャンピオンズカップ。

昨年はホッコータルマエが悲願のJRA・G1初制覇を成し遂げましたが、今年はどんなドラマが待ち受けているのでしょうか。

前売りの1番人気はノンコノユメ。一気にダート界の頂点に立てば、その先が本当に楽しみになりますね。ちなみに余談ですが、香港名は「信子之夢」みたいですw

さて今回は、誰もが取捨に迷っているホッコータルマエ、コパノリッキーに関するあるデータをご紹介したいと思います!

連覇は1頭のみ!勝ち切れないケースが多い

ホッコータルマエは今年でチャンピオンズカップ(旧ジャパンカップダートを含む)に4回目の出走。これまでの3回は、3着、3着、1着と安定した成績を収めています。冒頭に触れた通り、昨年に悲願の初制覇。今年は連覇がかかるわけです。

そこで過去にチャンピオンズカップに前年覇者がどういう成績を収めてきたのか、まとめてみました(以下参照)。

151205表1

前年の勝ち馬が翌年も出走したケースはこれまで5回。ウイングアロー、タイムパラドックス、ヴァーミリアンと錚々たるメンバーが並んでいます。

そして連覇に挑んだ馬の成績は【1.1.1.2】。すべて掲示板に入っていますが、連覇を達成したのは、トランセンド(10、11年)しかいません

チャンピオンズカップの連覇は意外と難しいといえるでしょう。

同年のフェブラリーステークス勝ち馬の好走率は50%

次にコパノリッキーについて。

本馬は今年のフェブラリーステークス勝ち馬。そこで同年のフェブラリーステークス勝ち馬のチャンピオンズカップ成績を調べたのが以下の表です。

151205表2

トータルの成績は【2.1.2.4】。決して悪いわけではありませんが、3着以内の好走率はちょうど50%。創設当初は崩れるケースが少なかったのですが、最近はサクセスブロッケン4着、グレープブランデー11着、コパノリッキー12着とやや苦戦傾向のようです。

勝ち馬はホッコータルマエ、コパノリッキー以外にいる!?

ざっと見てきましたが、ホッコータルマエ、コパノリッキーにとっては少し嫌なデータではないでしょうか。

2頭ともG1を何勝を挙げている実力馬なので共倒れは考えづらいですが(笑)、勝ち馬は意外と2頭以外にいるのかもしれませんね。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!