【朝日杯フューチュリティステークス2015】妙味を狙い過ぎて妙味なし!?

yuta

こんにちは。

ゆたぽんです。

明日はいよいよ2歳の牡馬ナンバー1決定戦・朝日杯フューチュリティステークス。

舞台は昨年から阪神芝1600m外回りに変更。

昨年はダノンプラチナが鮮やかな末脚で勝利しましたが、果たして今年はどんなドラマが待ち受けているでしょうか。

今回は今年の朝日杯フューチュリティステークスを大衆心理の観点から占っていきたいと思います。

エアスピネルから妙味ある馬券を買うと妙味がない!?

朝日杯フューチュリティステークスの大衆心理を読むと、ザックリと以下のような感じではないでしょうか。

「エアスピネルは堅い」

だけど

「リオンディーズはキャリア1戦で信用できない」
「イモータルは武幸四郎騎手で消し」
「シュウジはエアスピネルに負けている」

つまり相手は

「中穴のショウナンライズがいいぞ!」

自分も最初はそう思いました(笑)

ただそこは現代競馬。

おそらく多くのファンが同じように考えているはずです。

昔はエアスピネルから相手をショウナンライズのような中穴に流せば当たりました(当たらなくても正しい戦略でした)。

しかし、現代は多くの人がショウナンライズのような妙味ある馬を探している結果、穴馬が穴馬ではなくなる現象が起きています。ショウナンライズも実際、配当妙味があるといえるかは微妙なラインまでオッズは下がるはずです。

それでもショウナンライズは強いから馬券になる!と思っているなら買うのもありでしょう。ただ穴馬を買っている感覚でショウナンライズを買うのはもはや間違いです。

大衆心理のウラをつくなら2つの選択しかない

今年の朝日杯フューチュリティステークスで大衆心理のウラをつくなら、2つの選択しかありません。

1つはエアスピネルを疑うこと。

いくら現代競馬は妙味のある馬を探す人が多いとはいえ、エアスピネルはさすがに信頼する人が多そう(武豊騎手のJRAの全G1制覇もかかっているので過剰に売れそう)。1着固定で買う人も大勢いるはずです。

そこで大衆心理のウラを突くなら、エアスピネルが2、3着に負ける、もしくは4着以下に敗れる馬券を買うことでしょう。

私自身、エアスピネルが崩れることはあまり想像できませんが(笑)、それは多くの人が思っていること。ウラを突いてハマった時のリターンは大きく、長期的に見れば、正しい戦略かもしれません。

そしてもう1つはエアスピネルから人気馬へ流すこと。

一見、妙味のないガチガチな選択ですが、大衆の多くはショウナンライズのような妙味のある馬を探すため、2、3番人気のオッズが少し甘くなるかもしれません、。また先ほど書いたように、コアな競馬ファンはリオンディーズ、イモータル、シュウジを軽視してきます。それならシンプルに人気馬同士の組み合わせに絞って買うのもありといえるでしょう。人気馬と人気馬の組み合わせを嫌う人は多いですが、1-3番人気や1-4番人気のワイド1点勝負などは意外と配当妙味があります。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!