【有馬記念 2015】中山2500mの攻略!好走条件を探せ!

2015flancel

2015年を締めくくる有馬記念がついにやって参りました。
舞台は中山2500m。癖のあるコースですが、狙っていきましょう。

 

中山2500mの基本解説は、SKBトドの中間管理職的予想でもご活躍の
SKB競馬予想、トドさんのサイトを参考にさせてもらいましょう。
http://skbkeibayosou.com/nakayama-turf-2500/

 

最近狙いすぎが痛いフランケルJr.の競馬予想、フランケルです。
本日もよろしくお願いします。

 

当コラムでは『ベストレース予想』からロマンを感じる馬を
ピックアップして、高配当を狙っていきます。

 

が、狙いすぎには注意しながら・・・。

 

では、中山2500mの攻略ですが、コース設計的に癖のあるコースで、
まずは内枠先行馬から狙いましょう。

 

小回りで息も入りやすく、長距離適性が絶対的なものではなく
上手く立ち回れる馬にも十分なチャンスがある舞台です。

 

昔はマイラーでもチャンスがあると言われていました。
最近はそこまで顕著ではありませんが、中距離馬でも
しっかり狙っていきましょう。

 

その点から消していきたい馬を本日は発表します。
ショウナンパンドラです。

 

と言おうと思ったら、回避ってニュースが。
人気を吸った上で、飛んでくれる予定でしたので、非常に残念です。

 

では、中山芝2500mに話を戻しまして、ポイントを一つ。

当コラムでも何度か触れてきましたが、中山の芝コースは
昨年の改修工事から大きく様相が変わりました。

 

坂があるのは依然と変わりありませんが、力を要する馬場から
スピードで乗り切れる馬場に変わってきました。

 

つまり、ディープインパクト産駒が活躍できる舞台に変わりました。
昨年のジェンティルドンナ、強い馬と皆が認めつつも、中山だからと
人気は4番人気でした。

ところが結果は枠の有利な点もありましたが、それ以上に強い競馬で
着差以上の完勝でした。

スピードが落ちないんですよね。

 

となると、今年もディープ産駒は狙い目です。
その筆頭はショウナンパンドラでしたが、ここは回避。

 

サトノノブレス、トーセンレーヴ、マリアライト
ディープ産駒として登録があります。

 

サトノノブレスは除外候補で出走微妙。

 

トーセンレーヴは連闘で臨みますが、池江厩舎は有馬に強く
2009年以降、毎年一頭は馬券になっています。
オルフェーヴルのような厩舎の看板馬から、
力の衰えが見えていたトゥザグローリーまで
幅広く馬券になっています。

 

今年の池江厩舎からは、オーシャンブルー、サトノノブレス、
ラブリーデイにトーセンレーヴと4頭がエントリーです。
1頭は馬券になるのではないでしょうか。

 

もちろん、今年の看板馬ラブリーデイが濃厚ですが、
トーセンレーヴも軽視は危険ですね。

 

そしてもう一頭のディープ産駒はマリアライト
中山2500mは今年3月の潮来特別で完勝と適性を見せています。
最終オッズがどのくらいになるか読めませんが、
こちらも軽視は危険です。というか、穴候補ですね。

 

話があちこちに渡ってしまいましたが、ポイントをまとめると

中山芝2500mの攻略は
・ディープインパクト産駒
・内枠先行有利
・有馬得意厩舎、池江厩舎は必須

 

タイプ的にサトノノブレスが出走できるなら
ワンチャンスありと見ます。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!