有馬記念【中山芝2500mコースデータ】イメージ通り内枠有利

yutapondata

こんにちは。

ゆたぽんです。

年末の大一番・有馬記念がいよいよ迫ってきましたね!本日はもちろん有馬記念の舞台である中山芝2500mのコースデータをご紹介いたします。

イージ通り内枠が優勢!

中山芝2500mの枠順別成績は以下の通りです(2012年以降)。

151223表1

中山芝2500mは多くの人が内枠優勢のイメージを持っているかと思いますが、枠順別成績を見てもやはり内枠が有利な傾向。

複勝率ベースと見ると、

1位:2枠(30.4%)
2位:3枠(27.5%)
3位:1枠(24.4%)

と1~3枠が上位を独占しています。

中でも2枠は複勝率だけでなく、すべての面で優秀な数字。回収率を見ても、単回収率152%、複回収率92%と非常に優秀です。

「中山芝2500m=1~3枠優勢(特に2枠)」

と覚えておいたほうがいいでしょう。

内田騎手、岩田騎手、蛯名騎手に要注意!

次に中山芝2500mの騎手別成績を見ていきましょう(2012年以降)。順位は騎乗回数が5回以上ある騎手を複回収率が高い順に並べてあります。

151223表2

トップは江田照男騎手ですが、これは12年日経賞のネコパンチ(単勝16,170円、複勝1,560円)の一発が大きく効いたもの。

実質的な1位は内田博幸騎手と見てよさそうです。同コースでは12年有馬記念でゴールドシップと組んで優勝。今年の有馬記念で引退を迎えるゴールドシップにとっては頼もしい鞍上に乗り替わってのラストランになりそうです。

岩田騎手も優秀な成績。関西所属のため騎乗回数こそ少ないものの、13年有馬記念2着ウインバリアシオン、14年有馬記念3着ゴールドシップ、15年日経賞1着アドマイヤデウスなど、堅実に仕事を果たしています。今年は日経賞でコンビを組んだアドマイヤデウスで参戦。人気は全くなさそうですが、不気味な1頭になりそです。

蛯名騎手も注目の1人でしょう。長距離は全般的に強い騎手ですが、同コースでも優秀な成績。複勝率は45.8%に達しており、ベスト10に入った騎手では2番目に高い数字です。重賞では13年日経賞でフェノーメノに騎乗して優勝。集計期間外ですが、01年有馬記念を制したマンハッタンカフェの鞍上も蛯名騎手でしたよね。今年はマリアライトとのコンビ。馬自身も中山芝2500mで勝利実績を挙げているだけに侮れないかもしれません。

あとは吉田豊騎手、田辺騎手、吉田隼人騎手あたりは回収率の面なら優秀な数字を残してます。

有馬記念もやはり内枠有利!

有馬記念の枠順別成績をまとめたのが以下の表です(過去10年)。

151223表3

ご覧の通り、有馬記念も基本的に内枠有利

中山芝2500mの傾向通り、2枠が最も優秀ですね。

昨年は枠順公開抽選会が行われ(今年も行われますが、今年は抽選により枠順が決定)、クジの順番に出走馬の関係者が希望する枠順を選択。終わってみれば、最初にクジを引いて2枠4番を選んだジェンティルドンナ、2番目にクジを引いて3枠6番を選んだトゥザワールドのワンツーフィニッシュ。モロに枠順の影響が出た結果でした。

ちなみに6~8枠で勝利した3頭は、

12年ゴールドシップ(1番人気)
11年オルフェーヴル(1番人気)
08年ダイワスカーレット(1番人気)

とすべて1番人気。6~8枠に入った2番人気以下の馬は2着までと決めつけても良さそうです。

今年の有馬記念は全体的に混戦ムード。

24日(木)に決定する枠順は大きなカギを握りそうです。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!