〔京都金杯2016〕血統的側面からレース検証・分析予想

2016yu

こんにちは。火下遊でございます。

有馬記念が終わり、東京大賞典も終わって今年も1年お疲れ様でした。

これで金杯まではしばらくお休み

(といっても実質普通の競馬開催の間隔とほとんど変わりませんが)

ということでゆっくりお正月休みを取ろうと思っております。

このコーナーで血統予想をさせて頂く事になり、1ヶ月が過ぎようとしています。

 

いろいろ原稿を書きながらもっと進化させないととは思っておりますして、

また来年も皆様に役立てて頂けるような、内容をお届けしたいと思って

おりますので宜しくお願いします。

 

私の今年の成果はと申しますと、

「まあ、こんなもんか」
って感じです。でも有馬記念で美味しい思いができたので

気分良く普段より少し立派なお正月を迎えられそうです。

終わり良ければすべて良しといったところですね。

 

それでは2016年一発目の重賞金杯に向けてのレース検証・

分析に入りたいと思います。

 

京都金杯2016血統的側面からレース検証・分析

 

東西の金杯が1月5日の競馬始めの日に行われます。

 

「金杯で乾杯」
と必ずどこかでは使われるキャッチフレーズですが、

このレースは縁起物なので最初にどちらかは的中させておきたいです。

 

やるからにはどちらも的中させたいところですが、

ここでは京都金杯の方の傾向をお話しようと思います。
次の表を見て下さい。

京都金杯

 

 

はい、もう一目瞭然ですね。
金杯馬連5%上乗せUPで、馬連wお狙いたいと思っている皆様。

このレースは8頭立てだと思って予想して下さい。
過去5年を見ても4枠までしか馬連圏内には来ておらず、

3着でちょこちょこと外枠の馬が絡む程度。

1年で最も枠順の有利不利のあるレースなのです。
4枠までのサンデー系もしくは母父サンデー系の馬から

4枠までの馬に流せば的中できるので、競馬新聞を16頭眺めて

頭を悩ませる必要がありません。

 

まずは年明け1発目なので気分良くスタートさせたい方は

この法則にのっとり馬券を買われることをお勧めします。

 

中山でも同じく金杯が行われるので、中山金杯にも軽く触れておきます。
有馬記念を見てもわかるように馬場改修後は圧倒的に

この時期でも内枠が有利です。
先行できれば内外あまり関係ないですが、昔のぼこぼこ馬場の中山の

ような大外まくり差しの競馬は厳しいでしょう。

 

血統的な話をすると、

ダンスインザダーク・ステイゴールド・トニービン

の中から単純に軸馬を決めたらいいと思います。
最終的な予想見解はまた後日ということで

火下遊でした。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!