【京都金杯 2016】1回京都開催で内枠が強いワケ

2016anako

あけましておめでとうございます。
アナコーのナナメ読み担当アナコーchigetonです!本年もよろしくお願い致します。

1回京都開催で内枠が強いワケ

さて新年1発目は毎年恒例の東西金杯が行われます。

ここでは京都を取り上げますが、1回京都開催最初の数日は近年毎年のように内枠有利な傾向となっています。

特に京都金杯においては今年と同じAコース使用時は勝ち馬がすべて1~7番ゲートから出ています。

※京都金杯馬番別成績(Aコース使用時)
京都金杯2016馬番別成績(Aコース使用時)

これまで京都金杯がAコースで行われたのは2000年と2006年、あとは2010~2015年までの計8回。

特に2006年と2010年以降に関しては前年の5回京都開催でAコースを使用していなかったので、約2ヶ月間馬が走らなかったグリーンベルトが出現していました。

そして今回、2015年の5回京都開催もBコースとCコースのみの使用でしたので、近年と同じ条件で行われる事になります。

最近は開催前にエアレーション作業が施される事が多くなり、その場合開催前半は逆に内が弱くなったりする事もありますが、暮れに発表された馬場情報を見るとエアレーション作業を行う記載もないので今年も内が有利になる可能性は高そうです。

ちなみに過去2年の連対馬はいずれも過去にも京都の内枠で好走歴ある馬ばかりでした。

京都の内枠で前科のある馬は特に注意しておきたいですね。

 

京都金杯内枠で狙いたい脚質は?

※京都金杯Aコース1~7番の脚質別成績
京都金杯Aコース1~7番の脚質別成績

では内枠を引いた馬でどんな脚質の馬が馬券になってるか?Aコース使用時1~7番ゲートの馬だけを対象に見てみると、圧倒的に目立ってるのは前に行く馬ですね。

逃げた馬は【3.0.0.1】と勝率75%の好成績!

馬券になった3頭は5.6.7番人気、唯一凡走したのは16番人気のタマモナイスプレイ1頭だけでした。

先行馬も【1.2.2.4】複勝率60%と好成績!

内枠先行馬にはとことん注意したいですね。

ぱっと見ならウインプリメーラ、穴ならエイシンブルズアイ、オメガヴェンデッタ、テイエムタイホーあたりが可能性ありそうでしょうか。

また後方脚質でも上がり1位2位の脚がきっちり使えるような馬だと結構馬券になってますね。

今この原稿は枠順確定前に書いてるのですが・・・

エキストラエンドは一昨年2番ゲートを引いて上がり1位で1着、昨年は1番ゲートを引いて上り2位で2着、今年も内枠引ければ馬券になっちゃうんでしょうか?

いずれにしてもできる事なら2016年最初の的中をなるべく早く手にしたいものです。

以上、アナコーの戯言でしたー。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!