【シンザン記念2016】追切重視の軸馬予想

2016flancel

2016年シンザン記念の軸馬を考察します。

こんにちは。フランケルJr.です。

3歳、マイル路線とクラシック路線の混在するシンザン記念です。

近5年で見ると勝ち馬は
2015年グァンチャーレ
2014年ミッキーアイル
2013年エーシントップ
2012年ジェンティルドンナ
2011年レッドディヴィス(2着オルフェーヴル)

後のG1級を輩出する重要な3歳重賞です。
予想もそうですが、2016年を占う意味でも重要な一戦ですので、
的中の有無にかかわらず、振り返りを行いたいレースですね。
当コラムで、私は『ベストレース予想』を中心に
予想を組み立てています。
今回も該当する馬がいるのですが、その馬が最も着目できた点が
追切でしたので、本日は追切から考察していきます。
まず、シンザン記念の位置付けを改めて考えてみましょう。

3歳明けて最初の重賞ですので、2歳時で少なくとも1勝はしていないと
出走さえ叶いません。

逆に、1勝できている素質馬でしたら、どこを使うでしょうか?

リオンディーズが正にそうでしたが、朝日杯FSを狙います。
そこで除外ならひいらぎ賞に回るのが定番です。

いや、正確には素質馬で2歳時に結果を出す馬は、2勝して
朝日杯なりホープフルSへ出走しますね。
つまり、シンザン記念というのは、そういう超一流の期待馬・素質馬、
ではなく二線級の馬たちが参戦してくるレースです。

 

あるいは、まだ素質が開花できていなかった、遅れてきた大物ですね。

1戦1勝馬でも軽視はできませんし、何戦もこなしていながら
イマイチ勝ち切れない馬たちも、ここで相手のレベルが下がって、
出番あり、となってきます。

 
ポイントは、出走前のこの状況だけではなく、出走後の
春のローテを組み立てる上で非常に重要な日程であることも言えます。

1月第一週で賞金加算ができれば、無理をせずにクラシックへ
参戦できます。日程的な余裕が生まれますね。

12月に朝日杯やホープフルSを勝った馬は、(牡馬で例えますが)
3か月休んでスプリングSや弥生賞から春のクラシックを目指します。

シンザン記念で勝つと、2か月お休みして春のクラシックへ向かえます。

つまり、このシンザン記念は朝日杯やホープフルS同様、
メイチ仕上げで臨めるクラシックの登竜門と言えます。
出走各馬のローテを見直しして、メイチ仕上げと言える馬を
まずはチョイスするのがベストなのではないでしょうか?
仕上げの良し悪しを計る指標の一つが追切です。

追切から注目できる馬が2頭いました。

ロジクライ
栗東坂路 50.4-36.5-24.2-12.4
1月6日(水)の坂路では2番目のタイムです。

ショウナンアヴィド
栗東坂路 50.5-36.5-24.2-12.4
3番目の好タイムでした。

実はこの2頭、お互いの併せ馬でこのタイムを出しています。
須貝調教師の管理馬が、2頭とも好タイムで駆け上がりました。

 

両馬とも前日オッズでは単勝20倍以上の穴馬です。

 

メイチ仕上げの両馬から馬券を組み立ててみるのは
いかがでしょうか?
過去の実績から前々走を評価して◎ロジクライとし、
○ショウナンアヴィドとします。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!


ABOUTこの記事をかいた人

フランケル.Jr

人生40年、競馬歴20年。振り返れば人生の半分に競馬がいました。 「見えないものを見る」ことに情熱を注ぐ、少しアレな人。 趣味は磯釣り。海の中は見えないが、魚のいるポイントは見えると豪語。 見えないレース結果を見えるようになるために鋭意研鑽中。