【シンザン記念2016】シゲルノコギリザメ激走の秘密!【TARGRTの使い方】

2016anako

こんにちは!アナコーのナナメ読み担当アナコーchigetonです!

金杯が終わって中3日で3日間開催、それが終わって今週は中4日で重賞3つと競馬ファンにとっては新年早々忙しい日々が続きますね。

ここに来て急激に寒くなりましたが、風邪などひかぬよう皆さんも元気に競馬ライフをお過ごし下さい!

 

シゲルノコギリザメ激走の秘密!

さて本日は先週シンザン記念で穴を開けたシゲルノコギリザメについて書いておこうと思います。

馬主はシゲルシリーズでお馴染みの森中蕃さん。

去年はお祭りシリーズ、一昨年は旧名での地名シリーズ、その前は星座シリーズと各世代ごとにテーマを絞った面白い馬名をつけるオーナーなんですが、現3歳世代は魚シリーズなんですよね(笑)

シゲルハマチ、シゲルサンマ、シゲルトラフグ、シゲルマグロ、シゲルカツオ・・・などなど魚屋さんよろしく美味しそうな名前が並ぶ中、1頭だけ強そうな名前なのが今回シンザン記念に出走したシゲルノコギリザメでした。

今年のシンザン記念に出走した馬の中ではレインボーラインとこの馬だけが2勝馬でしたので格上的存在でもありましたが、初勝利がダート1200m、2勝目が芝1200m戦という事で距離が嫌われて11番人気と人気はありませんでした。

たしかに過去10年の傾向を見ても2Fの距離延長馬は【0.1.0.19】でしたので、初めてのマイル戦という事で期待より不安の大きい馬だったとも思います。

 

しかし私はこの馬が気になって気になって仕方がありませんでした。

ピースマインドを◎にしてしまったのでその時点で何をどうあがいてもハズレだったのですが、ピースマインドからレインボーラインとシゲルノコギリザメへ、それに少額でダンツエンペラーへ買っていました。

シゲルノコギリザメやダンツエンペラーにまで目が行ったのには1つ理由がありまして、それは5日に同舞台で行わたばかりの京都金杯の結果にありました。

13番人気で2着したテイエムタイホー
7番人気で3着したミッキーラブソング

この人気薄で好走した2頭はいずれも前走阪神1400組でそこで持久力質の競馬を経験していたんですよね。

 

シンザン記念出走馬の中ではスナークスカイが前走阪神1400勝ち馬でしたがこれは非常に上がりが掛かる競馬でしたのでちょっと違う。

そこで近走で持久力質の競馬を経験していた馬でロジクライ、ピースマインド、シゲルノコギリザメ、ダンツエンペラー、ツーエムレジェンドあたりで考え、最終的にはピースマインドを◎にしたのでした。

この中で最後まで印を回したシゲルノコギリザメやダンツエンペラーにはもう1つ理由がありまして、それは坂路で追い切りが行われた時間帯でした。

2011年7番人気1着レッドデイヴィス
2012年9番人気2着マイネルアトラクト
2013年3番人気3着タマモベストプレイ
2014年2番人気2着ウインフルブルーム
2015年3番人気3着ナヴィオン

ここ5年、毎年1頭は馬番の荒れた時間帯の坂路で追い切られていた馬が馬券に絡んでいました。

馬場が重くなると負荷が掛かってスタミナとパワーを強化する馬場になるので、持久力質の競馬に向いているのかもしれません。

ダンツエンペラーは12/30の1週前追い切りは09:59に行われ、1/6の最終追い切りは10:35と2週連続で馬場の荒れた時間帯に追われていました。

シゲルノコギリザメも同様で12/31の1週前追い切りでは10:47、1/7の最終追い切りでは10:36とこちらも2週連続で馬場の荒れた時間帯に追われていました。

そしてシゲルノコギリザメの場合は追い切りの時計も凄かったんです。

01/07(木)10:35 栗東坂路
51.5-37.9-25.3-12.8

一見するとよく競馬新聞で見かけるちょっといい程度の数字に見えるかもしれません。

しかしこれは2回目のハロー掛けから190頭以上が走った後の馬場で出したタイムなのです。

シゲルノコギリザメ

なので映像で観ると少しふらふらもしていました。

いくつかの新聞の追い切り評なんども見ましたが、この馬の追い切りを高評価しているところもほとんどありませんでした。

しかしこれだけふらつくのはこの時間帯この馬場でこれだけの時計を出すと当たり前の事なんですよね。

それだけ負荷の大きな調教をこなしていたんです。

参考までに昨年1年間栗東坂路の追い日で、冬時間10時半以降、春秋時間9時半以降、夏時間8時半以降に52秒を切る時計を出していた馬だけを調べてみると以下の通りでした。

01/21オレンジピークス 51.4-38.4-25.8-13.3

02/18カノヤプレジデント 51.3-38.0-25.7-13.4

03/26ハクサンムーン 51.8-37.9-24.4-12.2

05/21レッドデイヴィス 51.4-37.5-24.9-12.5

07/15キングオブタイム 50.6-38.0-26.1-13.7

09/30ハクサンムーン 51.7-37.5-24.3-12.4

11/19ビッグアーサー 50.9-37.5-25.7-13.8

11/26キングオブタイム 51.5-38.3-25.7-13.4

12/02ニンジャ 51.8-38.5-25.7-13.0

なんと1年やってたったの9頭だけ。

そしてこの中でラスト1Fで13秒を切ったのはハクサンムーン×2回とレッドデイヴィスだけだったんですよね。

ハクサンムーンがそうであるように、一般的には追い切りで好時計出す馬は短距離系の馬に多いのでシゲルノコギリザメもこれだけで◎にするのはどうかと思いますが・・・まだ明け3歳の身でラスト1Fをふらふらになりながらも12.8でまとめていたあたりはもっと評価すべきだったなと反省しました。

実際私自身、シゲルノコギリザメが凄い時計出したという認識はありましたが、ここまで凄い時計だったとは後から調べるまで気づきませんでしたがそれにしても凄い馬です。

父はスーパーホーネット、その父は一昔前ローカル芝1200で走る馬を多数輩出したロドリゴデトリアーノ。

母シアトルビューティは芝とダートの短距離で活躍した馬で、母父のタイキブリザードは安田記念勝ち馬。

最近はなかなか見かけないレベルの渋~い配合馬で、エリート血統とは真逆なタイプですのでスパルタ調教も合ってるんでしょうね。

 

TARGRTの坂路調教の見方

前回ブチコの事を書いた記事ではブチコの成績欄から調教時計を見る方法を書きましたが、他にも坂路の時計を見る方法があります。

メニュー画面から坂路調教をクリックします
TARGET坂路1

坂路調教が行われた日付けと、美浦、栗東のどちらかをクリックします
TARGET坂路2

1回目のハロー掛け時刻です
TARGET坂路3

2回目のハロー掛け時刻です
ハロー掛け後に走ってる馬は時計が速くなってるのがわかりますね
TARGET坂路4

シゲルノコギリザメは1/7の最後から3番目の時間帯でした
1頭だけ時計が速いのがわかりますよね?
少し前には西浦厩舎の馬が何頭か走ってます。
西浦厩舎や高野厩舎、橋口厩舎、音無厩舎、角田厩舎、中竹厩舎などは馬場の荒れた時間帯での坂路でよく見かけます。
TARGET坂路5

 

TARGETで坂路の時計くらいはチェックするよって人も多いかと思うのですが、このように時間帯までチェックする人はまだそう多くないはず。

アナコーの無料メルマガ読者さんには馬場荒れタイムや基準タイムもお知らせしていますが、皆さんもぜひ追い切りが行われた時間帯もチェックしてみてはいかがでしょうか?

丁寧に見ていくと結構穴馬が隠れてますよ。

以上アナコーの戯言でしたー。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!