〔日経新春杯 2016〕血統的視点から見た予想見解

2016yu

こんにちは。火下遊でございます。
 

今週は2重賞行われますが日経新春杯2016の血統的視点から見た

最終予想を行います。
 

 

しかし今年に入り毎週のように芸能ネタが世間を賑わしています。
 
 

ゲスの極みの後はSMAP解散報道。


 

SMAPに関しては国民的アイドルだけに、辞めるやめないにしても

経済も含めて大きな悪影響が出そうです。

 

しかし上辺の情報しかないので、あまり詳しくコメントしませんが

木村拓哉の株はかなりあがりました。

 

こういう冷静さが競馬予想にも必要ですね。

 

 

しかし土曜の火下の馬券はタテ目の極み
 

 

火下にも年初から試練が続いているみたいです。

 

この流れを何とか断ち切っていきたいですね。

 

 

それでは日経新春杯についての見解です。
 

 

日経新春杯2016血統的視点から見た予想見解

 

今回の日経新春杯のポイントですが

・トニービン持ちの中からどれを軸に選ぶか
 

・上位人気で消せる馬は?

ということになりそうです。

 

現時点では以下のように1強+その他の様相です。

日経新春杯

 

ただここで圧倒的1番人気になっているシュヴァルグラン

本当に妥当な人気なのでしょうか。
 

札幌でアルバートに負けてから3連勝。

3戦ともに2400m戦を楽勝してきました。
 
 

ただ相手が弱かったのではとも思えます。
5月に京都新聞杯で8着に負けていますが、

当時の評価としてヴィルシーナの弟でハーツクライにお父さんが変わり

さらに小回り適性が強くなり、小回り2000mで評価すべき

馬だと思っていました。

 

日経新春杯はスタミナ寄りのレースになるため、

切れる馬よりはスタミナ型の持続力タイプがあっていると

思っています。
 

 

そういう意味ではシュヴァルグランはあっているとは思いますが、

他のトニービンを持っている馬たちよりも強いという理由にはなりません。

 

ではどの馬がいいかとなると、トニービン持ちの中ではダービーフィズ

推したいと思っています。

 

 

まず今回北海道の重賞の時以来久しぶりに、内のポジションが取れそうということ。
 

やはり洋芝巧者であるのは間違いありませんが、距離的にはこの2400mくらいが

ぴったりではないかと思っております。
 

 

秋は古馬王道の3戦に出走しましたが、最もパフォーマンスが高かったのは

ジャパンカップでした。
 

勝ち馬から0.4秒差ならここでは十分でしょう。

 

人気もトニービン持ちの中では1番美味しいです。

 

アドマイヤフライトやサトノノブレスは1度この条件で絡んでいるので、

あうでしょうが新しい馬を本命にしたいということもあるので、

戦ってきた相手を比較しシュヴァルグランよりダービーフィズを

上位に取りました。

 

 

次に消せる馬について検証してみましょう。

トニービンを持っている馬はこのレースでは買いなので、

それ以外から見ると1番あわないと思われる馬はベルーフでしょう。
 

 

ハービンジャー産駒で母系がステイゴールドの兄弟という配合的には内回り巧者
 

中山金杯を発走除外となったことも、この馬に流れを感じない要因です。

 

「日経新春杯まとめ」
 

 

A 軸馬 ダービーフィズ
 

B 消馬 ベルーフ
 

 

それでは、火下遊でした。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!