【アメリカジョッキークラブカップ2016】サトノラーゼンに纏わるエトセトラ

2016anako

皆さんこんにちは!アナコーのナナメ読み担当アナコーchigetonです!

今週中山ではG2アメリカジョッキークラブカップ2016が行われますが、今日はそこで人気するであろう有力馬の1頭サトノラーゼンに関する事を色々書いてみようと思います。

 

春クラシック組の不振

以前もこちらの記事【ジャパンカップ2015】ミッキークイーンは勝てるのか?3歳馬の真実で書いたのですが、現4歳世代は皐月賞、ダービーに出走した馬がその後古馬との対戦において結構苦戦しています。

皐月賞組ですと8着ダノンリバティはダートに路線変更してBSN賞勝ち、11着ダノンプラチナは富士Sを優勝などしてますが、古馬相手に重賞勝ちしたのはこのダノンプラチナ1頭だけですね。

上位はキタサンブラックこそ有馬で3着に健闘しましたが、4着ブライトエンブレムは中山金杯6着、5着クラリティスカイは富士S15着、マイルCS12着。

ダービー組も9着レーヴミストラルが先週日経新春杯を勝ちましたが、実はこれが古馬相手の初勝利だったんですよね。

サトノクラウンは天皇賞秋17着、ミュゼスルタンは新潟記念16着とこちらも上位馬が苦戦しています。

クラシックの疲れもあったでしょうから、これから巻き返して来る可能性も高いですが、去年の秋(現4歳世代に対して)「今年の3歳世代は強い」というのが世間一般の評価だったと思いますので、春クラシック組が古馬相手にあまり勝てていないのはちょっと意外な感じすらします。

サトノラーゼンは今回古馬との対戦も初めてになります。

全馬がダメではないのですが、一般論としてこの時期の中距離重賞での4歳馬は古馬との初対戦で苦戦する傾向も強いので、個人的にはその辺も少し不安に思えますね。

 

ノーザンファーム生産馬の得意・不得意コース

サトノラーゼンは現在日本一の生産牧場と言っても過言ではないノーザンファーム出身馬です。

※ノーザンファーム生産馬=特別戦のコース別成績(芝のみ・2011~2015年)
ノーザンファーム生産馬特別戦のコース別成績(芝のみ・2011~2015年)

上記は過去5年芝の特別戦でのノーザンファーム生産馬のコース別成績を調べたものです。

関東圏では東京芝2400mが30勝とトップで、その次が東京芝1600m。

日本の競馬の頂点を担う生産牧場だけあって、ダービー・オークス・ジャパンカップが行われる東京芝2400mとNHKマイルC・ヴィクトリアマイル・安田記念が行われる東京芝1600mでたくさん勝ってる訳ですね。

特に東京芝2400mでは単回値95複回値99と回収率でも100近くなのでかなり優秀です。

実際サトノラーゼンもダービーでは5番人気でしたが2着してますので、そういう意味ではこの馬もノーザンファーム生産馬らしい馬なのかもしれません。

ではAJCCが行われる中山芝2200mはというと・・・

【5.5.8.49】勝率7.5%複勝率26.9%単回値26複回値92

となっています。

複勝率や複回値自体はそれほど悪くはありませんが、勝ち鞍の数は41番目で単回値に至っては26しかありません。

1番人気に支持された馬なら【4.2.0.5】連対率で54.5%あるので並みの数字を残していますが、大雑把に得意か不得意かで分類するなら不得意な方に近いコースといえそうです。

実際サトノラーゼン自身昨秋セントライト記念では不利があったとはいえ1番人気で7着でしたので、この点も少し気になりますね。

 

だけど池江厩舎はすごい!

しかしサトノラーゼンを管理する池江厩舎は凄いなって思います。

昨年春ごろだったでしょうか、美浦の掘厩舎がやって成功していたウッドコースでの4F追いを、栗東では初めて導入してラブリーデイ、ミッキークイーンと2頭のG1馬を誕生させました。

しかし一方では昨年坂路で最終追い切りをやった馬だとほとんど馬券にならなかったんですよね。

ところが!

先週の京成杯では最終追い切りを坂路に切り替えたプロフェットが重賞勝ち。日経新春杯も坂路に切り替えたサトノノブレスで3着と、今年はまた新たな調整方法を確立して管理馬を好走させてるんです。

先週の栗東CWはいつもよりかなり時計が掛かってるいる様でしたので、もしかしたら先週はたまたま坂路に使っただけなのかもしれませんが、もしも新たに坂路での調整パターンを確立させていたのなら、勝ちに貪欲というか、研究熱心というか・・・本当に凄い厩舎だなって思います。

ちなみにサトノラーゼンの1週前追い切りはいつも通りのCWでの調整でした。

最終追い切りは去年厩舎で得意パターンだったCW4F追いにするのか?或いは長めなのか?それとも先週に続きまたまた坂路に入るのか?

今後しばらくの間は池江厩舎がどんな調整をしてくるのか目が離せません。

・・・という訳で本日はサトノラーゼンに纏わる事を書いてみましたが、結論としてはどっちつかずな感じでまだまだ扱いには頭を抱えそうです。

追い切りも見て、池江さんのコメントも見て、考えたいと思います。

以上アナコーの戯言でしたー。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!