【根岸ステークス2016】東京ダート1400m攻略!モーニンをどう評価する?!

2016flancel

今週から関東は東京開催に変わります。
オープニングを飾るのは、ダート重賞根岸ステークス

フェブラリーSへの前哨戦として注目度が高いのはもちろんのこと、毎年のように人気薄が絡む馬券妙味のあるレースとしても着目です。

フランケルJr.です。よろしくお願いします。
本日の川崎記念は皆さまは如何でしたか?

ホッコータルマエvsサウンドトゥルー。

3戦連続先着のサウンドトゥルーがまたも勝つのか?
コパノリッキー不在でレースが楽になったホッコータルマエが王者の貫禄を示すか?

この1点で見ていましたが、結果はタルマエの勝利。
競馬はやはり相手関係を考えていかないと結果は付いてきませんね。
話を根岸Sへ戻しましょう。

舞台は東京ダート1400mです。昨年の第一回東京開催(1月31日-2月22日)のダート1400m戦の結果です。

東京ダ1400m上がり3F

全18レース開催されましたが着目点は上がり3Fのところですね。
18レース中14レースが上がり3位以内です。ダートは一般論としては先行押切の馬を狙うのが基本です。現在のそのスタイルでのチャンピオンがホッコータルマエですね。

ところが、数少ないダートでの差し・追込みの舞台がこの東京ダート1400mです。

東京の長い直線を、先行で粘り込むのは厳しい、というのがデータから見て取れます。
昨年のエアハリファも3コーナー10番手、4コーナーも10番手から最後は突き抜けました。

今年1番人気・2番人気が予想される馬はモーニンタガノトネールです。

どちらも逃げ先行馬です。

差し馬の展開になるのではないでしょうか。
データからも展開予想からも差し馬の舞台となりそうです。

人気の先行馬を消せ!

という極端な話ではありません。

人気馬を押さえに回して高配当を狙っていきましょう!!
という典型的なレースではないでしょうか。

週末にロマン予想を掲載します。お楽しみに~

競馬Studyにて根岸ステークスについて、記事が掲載されていますので併せてご覧ください。

【根岸ステークス2016・データ】1回東京開幕週は前走●●●出走馬が狙い目!
http://keibastudy.com/archives/3025

根岸ステークス【東京ダート1400mコースデータ】
http://keibastudy.com/archives/3047

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!