京都記念【京都芝2200mコースデータ】意外と外枠が強い!?

yutapondata

こんにちは。

ゆたぽんです。

本日は、京都記念の舞台である京都芝2200mのコースデータをご紹介いたします!

※データはすべて2013年~2016年2月7日です。

回収率では7、8枠が優秀!

始めに以下にまとめたのは京都芝2200mの枠順別成績です(2013年以降)。

160210表1

まず気づくのは、7、8枠の回収率が優秀なこと。7、8枠は単複回収率ともに100%を超えており、意外と買えることが分かります。京都コースは時計が出やすく、基本的に内枠有利ですが、同コースに関しては7、8枠でも割り引く必要はなさそうです。

ただし、5、6枠は明らかに不振。単複回収率が悪いのはもちろん、勝率、連対率、複勝率でも明らかにほかの枠より劣っています。なぜ5、6枠が不振なのかは分かりませんが、5、6枠は一枚割り引きくらいに思っておいていいかもしれません。

京都記念も8枠が強い

次に以下にまとめたのが京都記念の枠順別成績です(過去10年)。

160210表2

京都記念でもやはり8枠有利の傾向が出ています。特に単勝50倍以下の馬に限ると【3.1.5.6】(勝率20.0%、連対率26.7%、複勝率60.0%、単回収率300%、複回収率217%)と抜群の成績。13年6番人気1着トーセンラー、14年6番人気1着デスペラードはともに8枠でした。京都記念ではとにかく8枠に入った馬に注意したほうが良さそうです。

京都芝2200mを得意としている騎手は?

次に京都芝2200mを得意としている騎手を見ていきましょう(以下参照)。順位は騎乗回数が15回以上ある騎手の中で複回収率が高い順に並べてあります。

160210表3

複回収率トップは、ルメール騎手。もともと安定感のある騎手ですが、同コースでは馬券に絡む回数が多い上に回収率の面でも優秀。京都芝2200mではルメール騎手に逆らわないほうがいいといえるでしょう。

次いで優秀なのは意外ですが、藤岡祐介騎手。ルメール騎手と比べると、明らかに人気薄の馬が多い中、この成績はかなり優秀。昨年の京都記念で4番人気で2着に好走したスズカデヴィアスの鞍上も同騎手でした。京都芝2200mで藤岡祐介騎手の騎乗馬はベタ買いしてもいいかもしれません。

そのほかで注目したいのは浜中俊騎手。単回収率は伸びませんでしたが、複回収率は121%をマーク。複勝率は45.2%とルメール騎手、藤岡祐介騎手に匹敵する数字で、馬券に絡む回数は非常に多いのがうかがえます。3連系の軸としての信頼度が高そうです。

京都芝2200mを得意としている種牡馬は?

最後に京都芝2200mの種牡馬別成績を見ていきましょう(以下参照)。順位は出走回数が15回以上ある種牡馬の中で複回収率が高い順に並べてあります。

160210表4

1位は意外にもジャングルポケット。正直、13年未勝利戦のナリタパイレーツ(13番人気1着)の一撃が数字を大きく引き上げていますが、同馬を除いても単回収率104%、複回収率74%とまずまず。なにより勝率、連対率、複勝率は変わらず優秀なので、京都芝2200mでの要注意な種牡馬と言っていいでしょう。

2位はステイゴールド。特に下級条件に強いようで、未勝利~1000万下クラスでは【3.5.5.21】(勝率8.8%、連対率23.5%、複勝率38.2%、単回収率278%、複回収率220%)と抜群の成績を収めています。

出走回数が多いディープインパクトは6位にランクイン。一見、地味な数字ですが、単勝20倍以下の馬に限ると【11.8.10.33】(勝率17.7%、連対率30.6%、複勝率46.8%、単回収率88%、複回収率99%)。どの数字も高水準をマークしており、人気でも積極的に買っていい種牡馬といえるでしょう。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!