【フェブラリーステークス2016データ】今年も東海ステークス組に要注意!?

yutapondata

こんにちは。

ゆたぽんです。

今週はいよいよ2016年最初のG1・フェブラリーステークスが行われます。

今年はなんといってもコパノリッキーの3連覇なるかどうかが最大の関心ごと。ライバルになりそうなのは、ノンコノユメ、モーニン、ロワジャルダン、ホワイトフーガなどの新興勢力。果たしてどんなドラマが待ち受けているのか、とても楽しみですね。

いつも通り、過去10年のデータを基に分析していきましょう。

5歳馬が上位人気に推されれば堅軸!?

始めに以下にまとめたのはフェブラリーステークスの人気別成績(過去10年)です。

160215表1

特に優秀なのは5歳。同年齢は複勝率が41.7%に達しており、かなりの確率で馬券に絡んでいることが分かります。特に単勝オッズ7倍以下の馬に限ると【5.2.2.1】(勝率50.0%、連対率70.0%、複勝率90.0%、単回収率199%、複回収率152%)と鉄板クラス。5歳で上位人気に推される馬がいたら、まず馬券に絡むと思ったほうが良さそうです。

4歳は回収率こそいいものの、これは14年コパノリッキー(単勝27,210円、複勝3,310円)の一撃が大きく影響したもの。同馬を除くと4歳は【2.2.1.30】(勝率5.7%、連対率11.4%、複勝率14.3%、単回収率66%、複回収率35%)と微妙な数字です。

明らかに割り引きたいのはやはり高齢馬。7歳以上は好走しても2着までで、複回収率は30%と低迷。基本的に7歳以上は軽視していいでしょう。

格がモノをいうレース!前走G1組を買えばいい

次に以下にまとめたのがフェブラリーステークスの前走レース別成績(過去10年)です。

160215表2

傾向を一言でいうと、格がモノをいうレースといえるでしょう。

前走G1組(ダートG1のみ)をまとめると【5.7.8.21】(勝率12.2%、連対率29.3%、複勝率48.8%、単回収率75%、複回収率123%)と抜群の成績。ほぼ2回に1回は馬券に絡んでおり、とにかく前走G1組の取捨なくしてフェブラリーステークスの的中はありません。前走レースでの偏りは見られず、チャンピオンズカップ(旧ジャパンカップダート)、東京大賞典、川崎記念からまんべんなく3着以内馬が出ています。

一方、トライアルと言われる根岸ステークスは大苦戦。勝率、連対率、複勝率は軒並み低く、ほぼ無視していい組です。ちなみに同組から唯一勝利したのは12年テスタマッタ。すでにG1勝ちがある上に2年前のフェブラリーステークス2着馬でした。よほどの実績がない限り、根岸ステークスからの好走は難しいと考えて良さそうです。

ちなみに前走G1組以外で注目したいのは東海ステークス。同レースは13年から現在の1回中京開催に移りましたが、過去3年で13年1着グレープブランデー、15年1着コパノリッキー、同年2着インカンテーションの3頭が好走。3頭はすべて5歳馬でもありました。

フェブラリーステークス2016のデータ推奨馬は?

それでは最後にフェブラリーステークス2016のデータ推奨馬を見ていきましょう。年齢、前走レースの両面から推奨できるのは、

アスカノロマン(5歳・東海ステークス)
モンドクラッセ(5歳・東海ステークス)
ロワジャルダン(5歳・東海ステークス)

の3頭です。すべて「5歳」&「東海ステークス」という組み合わせですが、この組み合わせは過去3年で【2.1.0.0】。今回さすがに3頭がすべて馬券に絡むとは思えませんが(笑)、1頭くらいは3着以内に入るのではないでしょうか。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!