【ダイヤモンドステークス2016データ】あの上り馬が好走条件に合致!?

yutapondata

こんにちは。

ゆたぽんです。

今週はフェブラリーステークスを含め4重賞と盛りだくさん。

今回はマラソンレース・ダイヤモンドステークスのデータをご紹介いたします。

フェブラリーステークスのコパノリッキーと同じく、ダイヤモンドステークスでもフェイムゲームの3連覇なるかが注目されますね。

いつも通り、過去10年のデータを基に分析していきましょう。

4歳馬は2頭に1頭が馬券に絡む

始めに以下にまとめたのはダイヤモンドステークスの年齢別成績(過去10年)です。

160216表1

優秀なのは4歳。複勝率は50.0%に達しており、4歳馬は2頭に1頭が馬券に絡む計算です。特に2010年以降は【3.3.2.4】(勝率25.0%、連対率50.0%、複勝率66.7%、単回収率98%、複回収率165%)と大暴れしています。

5歳以上になるとどの年齢もいまひとつ。特に7歳以上は【1.4.1.46】(勝率1.9%、連対率9.6%、複勝率11.5%、単回収率6%、複回収率35%)と大苦戦。7歳以上はさすがに割り引いていいでしょう。

速い上りを使える馬が有利!

以下にまとめたのはダイヤモンドステークスの上り別成績(過去10年)です。

160216表2

ご覧の通り、速い上りを使える馬が圧倒的に有利。

上り1位、2位が特に優秀で、上り2位以内に限ると【9.6.4.5】(勝率36.0%、連対率60.0%、複勝率76.0%、単回収率153%、複回収率255%)。事前にどの馬が速い上りを使えるかは分かりませんが、近走成績から直線でしっかりと伸びてこれそうな馬を買うのが良さそうです。

上り6位以下は大苦戦。前々でしぶとさを生かすようなタイプはバッサリと切っていいでしょう。

ハーツクライが4年連続で連対中!

最後にダイヤモンドステークスの血統傾向を見ていきましょう。以下にまとめたのはダイヤモンドステークス3着以内馬の父と母父をまとめたものです(過去5年)。

160216表3

まず気づくのがハーツクライ産駒が4年連続で連対を果たしていること。12年2着ギュスターヴクライに始まり、13年1着アドマイヤラクティ、14年1着フェイムゲーム、15年1着フェイムゲーム。ハーツクライ産駒といえば、スタミナ豊富なタイプが多く、追われてしっかりと伸びるのが特徴。ダイヤモンドステークスで求められる要素を兼ね備えた種牡馬なのでしょう。

またロベルト系の活躍も目立ちます。11年2着コスモヘレノス、14年2着セイクリッドバレーは父がロベルト系。13年3着メイショウカドマツは母父がロベルト系でした。ロベルト系もやはりスタミナ豊富なタイプが多く、ダイヤモンドステークスに合っている系統なのでしょう。

ダイヤモンドステークス2016のデータ推奨馬は?

それでは最後にダイヤモンドステークス2016のデータ推奨馬を見ていきましょう。年齢、上り(速い上りを出せるかどうか)、血統面から推奨できるのは、

モンドインテロ

でしょうか。年齢は4歳で追われてからしっかりと伸びてくるので速い上りを出せそう。血統は父がディープインパクトですが、母父はブライアンズタイムでロベルト系です。好走条件は最も合致しており、人気になりそうですが、侮れない存在といえそうです。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!