【フェブラリーステークス 2016】血統的側面から見るレース検証・分析

2016yu

こんにちは。火下遊でございます。

今週は今年最初のG1レース、フェブラリーステークス2016が行われます。

 

早速、フェブラリーステークスを血統的側面や過去データから

検証したいと思います。

 

その前にフェブラリーステークスでは過去3回馬券になった馬はおりません。

 

これは3連覇達成を狙っているコパノリッキーにとっては嫌なデータです。

3連覇どころか馬券にも絡めないかもといったデータです。

 

 

3連覇がかかっているといえば、ここまでJRA・G1レースで

3連覇を達成した馬が1頭もいない前人未踏の記録です。

 

ここでコパノリッキーが達成ということになれば、

しばらくお目にかかれない記録となるでしょう。

 

 

 

フェブラリーステークス2016血統的側面から見るレース検証・分析

 

それでは過去5年のフェブラリーステークスの結果をみてみましょう。

フェブラリーS2

 

 

青で塗っているようにゴールドアリュール産駒の躍進が目立ちます。

 

 

さらに5年のうち3度同じ系統の馬が3着以内に2頭入っています。

 

これは5年前のブライアンズタイム産駒2年前のキングカメハメハ産駒

昨年のAPインディ系産駒とフェブラリーステークスで強い血統馬が

一緒に馬券圏内に突っ込んできています。

 

では今年のメンバーではどうなのか??

 

登録メンバーはこちら。

フェブラリーS

 

 

ホッコータルマエが未だ回避の発表をしていないので、

なかなか予想しづらいですが出走してきた場合も含め、

検討していかないといけません。

 

コパノリッキー3連覇に向けての可能性

 

ゴールドアリュール産駒ということで、血統的にはフェブラリー血統と

いってもいいでしょう。

 

展開が登録メンバーを見てわかるように、逃げ・先行馬が揃っています。

 

コパノリッキーはチャンピオンズCで外国人ジョッキーに絡まれた影響からか、

次走の東京大賞典も単騎で逃げたものの、2番手以降のプレッシャーに

絶えれず4着でした。

 

 

ここもハイペースに巻き込まれてしまうと、かなり勝てる可能性は下がるでしょう。

 

ホッコータルマエが出走を表明した場合、コパノリッキーをマークしての競馬に

なりそうです。

 

コパノリッキー陣営とすれば、ホッコータルマエが出走することになれば、

おいおいふざけんなといったところでしょう。

 

前走の川崎記念で前人未到のG1V10を達成したばかりなのだから、

最後ドバイに行って引退して欲しいと思っているのではないでしょうか。

 

 

週末の予想見解ではフェブラリーステークスの最終軸馬を検証していきたいと思って

おりますのでどうぞお楽しみに!!

 

火下遊でした。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!