【アーリントンカップ2016予想】アーバンキッドと大衆心理

yuta

こんにちは。

ゆたぽんです。

本日は明日、阪神競馬場で行われるアーリントンカップ2016の予想考察です。

過去には、タニノギムレット、ジャスタウェイ、コパノリチャード、ミッキーアイルなどの後のG1馬が勝ち上がったレース。今年は全体的に小粒な印象を受けますが、果たしてここから飛躍を遂げる馬はいるのでしょうか。

今回は上位人気に推されそうなアーバンキッドを大衆心理の観点から分析していきます。

大衆に買われやすい「差し損ねた馬」

アーバンキッドはここまで3戦して1勝2着2回という成績。

東京芝1600mの新馬戦を勝利で飾った後、ひいらぎ賞、ジュニアカップともに2着と惜敗しています。

おそらく近2走のレース映像を見た方であれば、以下のように思うはずです。

「差し損ねただけで、内容は勝ち馬以上!」
「ゴールがあと50m長ければ、差し切っていたはず」
「負けて強しの競馬!次走は買い」

私も最初はそう思いました。

しかし、そこが現代競馬の罠。現代は簡単にレース映像を視聴することができるため、「アーバンキッドの近2走は差し損ねただけで負けて強し!」は多くの人が知っていることなのです。

そして大衆がそのように思ってアーバンキッドを積極的に買うことによって、アーバンキッドの近2走の敗戦はまるでなかったかのようなオッズになります。特に差し損ねた馬はインパクトが強いため、買われやすい傾向になります。

最近の重賞でいえば、根岸ステークスのアンズチャン。前走オープン特別のレースで明らかに差し損ねて6着に敗れていたため、根岸ステークスでは重賞実績がないにも関わらず3番人気に推されました。そして結果はまたもや差し損ねて5着。大衆に買われやすい「差し損ねる馬」の典型例だったと思います。

競馬はあくまでも相対的なギャンブルです。周りの人たちと同じ購買行動をしていては勝てません。アーバンキッドの近2走は確かに強いですが、あくまでも人気との兼ね合いで買うかどうかを判断する必要があります。

アーリントンカップはそもそも先行馬有利

大衆心理を考えると「アーバンキッドは嫌ったほうがいい」と思いますが、アーリントンカップはそもそも先行有利のレースという点でも「アーバンキッドは疑ったほうがいい」といえるでしょう。以下の表はアーリントンカップの3着以内馬の通過順をまとめたもの(過去5年)。これを見れば、明らかに先行有利なのが分かります。

160226表1

後ろからいって差し切ったのは歴史的名馬のジャスタウェイくらい。ほかの4年の勝ち馬はすべて3コーナー5番手以内でした。逃げ馬も11年3着テイエムオオタカ、14年1着ミッキーアイル、15年3着マテンロウハピネスと3回も馬券になっており、逃げ粘り込みやすいレースといえそうです。

以上の点を考えても、末脚勝負のアーバンキッドは少し危険な香りがします。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!