マカヒキの未来は明るい!?

anakoicon

皆さんこんにちは!アナコーのナナメ読み担当アナコーchigetonです!

最近はだいぶ暖かい日も増えてきましたね、先週の弥生賞あたりで季節を感じる人も多かったんじゃないでしょうか。

 

現3歳世代の重賞では1倍台の人気馬がコロコロ負けている!!

さて先週の弥生賞は3強が1.2.3着、掲示板には載ったのもすべて1~5番人気馬という順当な結果でしたね。

そんな中、単勝1.9倍に支持されたリオンディーズは2着に敗れ、唯一1頭だけ人気よりも上の着順に収まったのが勝ち馬のマカヒキ、こちらは2番人気での勝利でした。

実は現3歳世代って、重賞で1倍台に支持された馬が結構負けてるんですよね、皆さんは気づいてました?

※減3歳世代=重賞で単勝1倍台だった馬一覧
減3歳世代=重賞で単勝1倍台だった馬一覧

小倉2歳Sを勝ったシュウジはデイリー杯2歳Sでは単勝1.7倍に支持されましたが2番人気エアスピネルに敗れ、そのエアスピネルは朝日杯FSで単勝1.5倍に支持されましたが今度は2番人気リオンディーズに敗れ、そのリオンディーズは先週の弥生賞で1.9倍に支持されましたが2番人気マカヒキに敗れ、また、新潟2歳Sを勝ったロードクエストはホープフルSで1.9倍に支持されましたが3番人気ハートレーに敗れ、そのハートレーは共同通信杯で1.9倍に支持されましたが6番人気ディーマジェスティに敗れ・・・・と強い馬を負かして人気になった馬が次から次へと新星に敗れてるんですよね、これは面白い連鎖ですw

レベルが高く、次から次へと強い馬が登場する強い世代と言われていますが、あまりにも役者が揃い過ぎてここまで重賞を2つ勝ってる馬は牡馬では不在、牝馬でもメジャーエンブレム唯一頭だけなんですよね。

こうなると次はマカヒキやサトノダイヤモンドが敗れる番なのかもしれません???

実際ディープインパクト産駒って重賞を連勝する馬が少なくて、これまで重賞連勝警官があるのは

ジェンティルドンナ
桜花賞→オークス→ローズS→秋華賞→JC

キズナ
毎日杯→京都新聞杯→ダービー→ニエル賞

ミッキーアイル
シンザン記念→アーリントンC→NHKマイルC

ハープスター
チューリップ賞→桜花賞

メイショウブシドウ
小倉サマージャンプ→阪神ジャンプS

ラストインパクト
京都大賞典→金鯱賞

エイシンヒカリ
エプソムカップ→毎日王冠

この7頭のみです。

これら7頭に共通するのは重賞を連勝する時期があるのは今のところ一生に1度だけという事ですね。

そう考えると先日阪急杯を勝ったミッキーアイルは高松宮記念では特に単では危険な人気馬かもしれませんし、エイシンヒカリも暮れに香港でG1勝ちしましたが帰国初戦は勝てないかもしれません。

マカヒキサトノダイヤモンドの場合は現在が一生に一度の連勝期間である可能性もあるので次走絶対負けるとは断言できませんが、それでも特に単勝に関しては多少疑ってみる手もありそうです。

 

ディープインパクトとマカヒキの時計比較

新馬勝ち → 若駒S勝ち → 弥生賞勝ち

マカヒキはここまでの戦績が父ディープインパクトとよく似てますよね。

ディープインパクト
・若駒S 7頭立て
前半1000m59.3 レースの上り61.5-48.5-36.1
勝ち時計2.00.8 上がり3F33.6(上がり2位馬は35.0)
・弥生賞 10頭立て
前半1000m62.2 レースの上り60.0-47.4-34.9
勝ち時計2.02.2 上がり3F34.1(上がり2位馬は34.6)

マカヒキ
・若駒S 8頭立て
前半1000m63.4 レースの上り59.0-45.8-33.5
勝ち時計2.02.4 上がり3F32.6(上がり2位馬は32.9)
・弥生賞 10頭立て
前半1000m62.2 レースの上り60.4-47.6-35.1
勝ち時計1.59.9 上がり3F33.6(上がり2位馬は34.4)

ペースや戦った相手、出走頭数や馬場差もあるので一概にどちらが上とはいい切れませんが、上記の通りタイム面を比較するとマカヒキは父に負けないパフォーマンスを見せてると思います。

特にゴール前の最後の一伸びに関しては、ディープインパクト以上のモノがありそうですよね。

道中の位置取りは悪くなりがちなタイプだと思いますがポテンシャルは高い馬だと思います。

 

単勝1倍台の馬を負かした馬は強い!?

ちなみに過去10年=芝1600m以上=2歳秋~3歳重賞で、単勝1倍台の馬を負かして重賞勝ちした馬はその後活躍している馬が多いです。
その中でも特にこれ↓

※参考データ
参考データ

上記画像馬は過去10年芝1600m以上=2歳秋~3歳重賞において・・・

・単勝1倍台に支持された馬は2~4着に敗退
・その単勝1倍台に支持された馬を後ろから交わして1着だった馬

です。

ドリームパスポートは次走菊花賞2着して2走後にはJC2着

ウオッカはのちに桜花賞2着→ダービー1着

アドマイヤオーラは3走後ダービーで3着

ロジユニヴァースは3走後ダービー1着

グランプリボスは3走後NHKマイルC1着

ゴールドシップは次走皐月賞1着、4走後菊花賞1着

ハナズゴールとトーセンスターダムは少し時間はかかりましたが海外のG1で好走しました。

エアスピネルは次走朝日杯FSで2着。

・・・という感じですべての馬がのちにG1で馬券になっています。

そう考えると弥生賞では敗れてしまいましたがリオンディーズ、そして今回取り上げたマカヒキは皐月賞、ダービーあたりでも馬券になる確率は高そうですね。

予想もその辺は意識して少なくとも対抗列くらいには狙ってみようと思います。

やっぱりマカヒキの未来は明るい???

以上、アナコーの戯言でしたー。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!