【中山牝馬ステークス 2016】血統的側面から見るレース検証・分析と的中結果報告

2016yu

こんばんは、火下遊でございます。

 

先週は弥生賞を的中することができました。

 

3強対決ということで、配当妙味はまったくありませんでしたが

当たれば嬉しいということで、後ほど結果報告致します。

 

ただ今週はこのレースも含めて、配当妙味の少ないレースばかり。

結果を見るとルメールJとデムーロJの騎乗馬が高確率で

馬券になっているからで・・・

 

日本人ジョッキーがよく人気馬を飛ばしていたシーンを見ましたが、

この2人が常時リーディングを争うようになれば人気馬の好走確率が上がり、

今後も波乱要素の少ないレースが増えるかもしれません。

 

 

先週の結果報告

 

では早速弥生賞の的中報告を。

 

3強の戦いでしたが、4着以降の馬に付け入る隙さえ

あたえませんでした。

 

エアスピネルは力尽きての3着でしたが、例年であれば

主役候補と言われているはずで、レベルの高さが半端ないです。

 

 

火下的に見た3強の弥生賞での順位付けを

 

マカヒキ>エアスピネル>リオンディーズ

 

と書きましたので、マカヒキ1着は素直に嬉しい。

 

リオンディーズはやはり、

シンボリクリスエス⇒キングカメハメハ

福永J⇒デムーロJ

 

に変わったことでエピファネイアと比べて中山2000mの

適性は高くなったのでしょう。

 

的中馬券はこちら

弥生賞

 

 

それでは結果報告も終わったところで、今週は中山牝馬ステークスの

レース検証と分析を行いたいと思います。

 

 

中山牝馬ステークス2016血統的側面から見るレース検証・分析

 

今週フィリーズレビューではなく、中山牝馬ステークスを取り上げたのは、

いよいよ昨年のクラシックを騒がし続けた結果、無冠に終わった

ルージュバックの復帰戦となるからです。

 

 

結局世間をあっと言わせて3冠確定と言われていましたが、

きさらぎ賞以来ここまで1着はなし

 

 

今年こそルージュバックの素質開花が見たいですが・・・

そうなるとハンデ差があるとはいえ、このメンバーに負けて

もらっては困ります。

 

最終予想でルージュバック本命にするのかどうかは、

まだわかりませんがここは注目の一戦です。

 

 

その他にも愛知杯で復活を遂げたゼンノロブロイ産駒バウンスシャッセ

 

同じ愛知杯2着のディープインパクト産駒のリーサルウェポン

またもやハンデ51キロの軽ハンデで出走。

 

 

4歳勢からは、愛知杯3着で昨年のクラシックも皆勤賞のアースライズ

 

紫苑Sが強く、休み明けを一叩きされたクインズミラーグロ

 

復活なるかキャットコインなど、好メンバーが揃いそうです。

 

最終予想は週末の予想をお楽しみに!!

 

火下遊でした。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!