【中山牝馬S 2016】実践!展開予想から単複馬券!

2016flancel

土曜日も単複馬券が不調のフランケルJr.です。

今週アップした

【フランケルJr.の単複予想講座】第二章 展開予想にもう一工夫
http://keibastudy.com/archives/3786

中山牝馬Sがマッチしそうですので、ご紹介します。

 

1番人気はルージュバックでしょう。昨秋の競馬からおそらく戸崎は控えて馬群の後方から追走になります。

 

1番人気が差し追込み馬の場合は?

逃げ先行馬を狙え!

ですね。

 

逃げ先行馬はどうでしょうか。

おそらくウインリバティが逃げ、2番手の内にフレイムコード、外にシングウィズジョイが付けます。

3列目以降はかなりゴチャ付く形ですが、マークされるのはシングウィズジョイです。ウインリバティはノーマークで大逃げするでしょう。

 

今回、ウインリバティはノーマークの逃げ馬と言えど考察から外します。地力を考えるとさすがに買えません。鉄砲が効くタイプでもありませんので今回は消しです。

単複馬券を狙うのはシングウィズジョイとなります。

 

ルージュバックは外枠を引きましたが、枠なりで追走。4コーナー手前から上がりはじめ、直線を向いたところで4,5番手といったところでしょう。

 

 

ここからシングウィズジョイに届くのか?

中山牝馬S、フルゲートの16頭立てです。

ウインリバティは単独で大逃げをするかもしれませんが、フレイムコード・シングウィズジョイを先頭に馬群は一塊になります。

この一塊の馬群を差し馬が捌くには、大外ぶん回し、もしくは馬群を割ってくるという形になるのですが、ルージュバックは大外ぶん回しです。

それでも勝てるだけの実力はもちろんあると思いますが、そこはハンデ戦。56kgがのしかかるのは中山名物急坂です。

伸びきれない

こんな結果が待っているかもしれませんね。

 

ルージュバック以外の馬に目を向けましょう。

前にシングウィズジョイ、後ろにルージュバックの中団勢はスムーズにレースができたとしても最後の直線でシングウィズジョイを交わすだけの脚力が必要です。

シングウィズジョイ、上がりもしっかりまとめてくるタイプですので、余程決め手で勝らないと厳しい。決め手で勝る馬はいるにはいますが、それらはルージュバックよりも後方から競馬をする馬たちです。これらの馬はルージュバックは交わせない。

 

結論

番手競馬のシングウィズジョイが、押し切る可能性が高い。

ルージュバックが勝つには、大外ぶん回し+トップハンデを乗り越えないといけない。

中団勢にシングウィズジョイと比べ、上がりで明らかに勝る馬は不在。

馬券は、

シングウィズジョイの単複。

前日オッズで単勝10倍付いているので、購入対象です。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!