【ダービー卿チャレンジトロフィー2016データ】東風ステークス敗退馬に注目

yutapondata

こんにちは。

ゆたぽんです。

本日は日曜日に中山競馬場で行われるダービー卿チャレンジトロフィーのデータをご紹介いたします。

今年のダービー卿チャレンジトロフィーの出走予定馬は、クラレント、サトノアラジン、キャンベルジュニア、ロゴタイプ、ダッシングブレイズなど。例年は安田記念に直結しないマイル重賞ですが、今年は新興勢力の名前がチラホラあり、結果次第では安田記念につながるかもしれません。いつも通り、過去10年のデータを基に分析していきましょう(11年は震災の影響で阪神開催のため除外)。

4、5歳の争い

まず以下にまとめたのはダービー卿チャレンジトロフィーの年齢別成績(過去10年)です。

160329表1

ご覧の通り、4、5歳が圧倒的に優勢。過去10年の連対馬18頭のうち16頭は4、5歳でした。特に5歳は回収率の面でも優秀で、迷ったら5歳馬から入るのがいいかもしれません。

6歳以上になると【1.1.3.56】(勝率1.6%、連対率3.3%、複勝率8.2%、単回収率27%、複回収率61%)と明らかに不振。勝利を挙げたのは同年の安田記念でG1初制覇を成し遂げたショウワモダン。G1級クラスの馬でない限り、6歳以上のアタマはないと思っていいでしょう。

狙い目は「東風ステークス2着以下の馬」

次に以下ではダービー卿チャレンジトロフィーの前走レース別成績(過去10年)をまとめました。

160329表2

狙い目は東風ステークス組。同組からは3着以内馬が13頭も出ており、単・複回収率はともに100%を超えています。東風ステークスとダービー卿チャレンジトロフィーは同じ中山芝1600m戦。一見、オープン特別→G3重賞で苦戦しそうですが、ダービー卿チャレンジトロフィーがハンデ戦のため、通用しやすいのでしょう。

また面白いのは東風ステークス2着以下の馬の成績がいいこと。東風ステークス2着以下の馬は【3.4.5.20】(勝率9.4%、連対率21.9%、複勝率37.5%、単回収率158%、複回収率287%)と抜群の成績を収めています。一方、東風ステークス1着馬は【0.1.0.5】(勝率0.0%、連対率16.7%、複勝率16.7%、単回収率0%、複回収率48%)と苦戦。東風ステークスは1着馬より2着以下の馬を積極的に狙っていったほうがよさそうです。

そのほかでは武蔵川ステークス、スピカステークスなどの準オープン組が好調。前走準オープン1着馬をまとめると【3.1.1.10】(勝率20.0%、連対率26.7%、複勝率33.3%、単回収率186%、複回収率117%)。13年1着トウケイヘイロー(武蔵川ステークス1着)、昨年の勝ち馬モーリス(スピカステークス1着)がこのパターンでした。

ダービー卿チャレンジトロフィー2016のデータ推奨馬は?

それでは最後にダービー卿チャレンジトロフィー2016のデータ推奨馬を見ていきましょう。「東風ステークス2着以下」or「前走準オープン勝ち馬」をピックアップすると、

キャンベルジュニア(関門橋ステークス1着)
シャイニープリンス(東風ステークス4着)
マテンロウボス(元町ステークス1着)
ミュゼゴースト(東風ステークス3着)
ヤングマンパワー(東風ステークス8着)

の5頭が該当。人気を集めそうな馬も人気薄になりそうな馬もいますが、この中から最低でも1頭以上は3着以内馬が出てくる気がします。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!