【フランケルJr.の単複予想講座】第五章 追切タイムで買う買わないの最終判断

frnicon

こんにちは。フランケルJr.です。よろしくお願いします。

春も近づき、梅の花もところどころで咲き誇って、いよいよ桜の季節ですね。

楽しみが日々増していきます。

単複予想講座、ここまでの内容

【フランケルJr.の単複予想講座】序章 馬柱から見る買うレース・買わないレース
【フランケルJr.の単複予想講座】第二章 展開予想にもう一工夫
【フランケルJr.の単複予想講座】第三章 「前走1番人気4着以下」に注目する
【フランケルJr.の単複予想講座】第四章 昇級初戦の取捨判断

本日は第五章ということで少し目線を変えて紹介します。

これまでの第四章までで「どういった馬を狙うのか?」をみていきました。

ポイント絞った狙い方ですが土日の開催時には該当馬が何頭もいます。

そんな時、最後に買う・買わないを決断する一つに追切があります。

買う買わないを判断する基準は、皆様それぞれお持ちだと思います。

「重賞でデムーロは買う」現在このパターンは多いでしょう。

このような買う・買わないの判定に私は追切をメインで使っています。

JRA-VAN データラボ、あるいはNEXTなどを利用していれば、

対象馬の追切タイム(坂路)が過去に遡って確認できます。

 

買うパターンをご紹介します。

例題として先週の土曜、中京芝1200m岡崎特別シゲルチャグチャグを取り上げます。

前走2/21乙訓特別前の追切

シゲルチャグチャグ乙訓特別前

早い時計を一度しか出していないことが分かります。

岡崎特別前の追切

シゲルチャグチャグ岡崎特別前

早い時計を2本出しているのが分かります。

ずっと使われ続けているシゲルチャグチャグですが、

乙訓特別は緩仕上げ、岡崎特別は取りに来ている、

追切からも勝負度合いが違うというのは明らかです。

 

誤解をされてはいけないのですが、追切はあくまで

最終的に買うか・買わないか

の判断材料です。

追切がいいから買う、という意ではありません。

買おうと思った馬の追切がいいからやっぱり買う。

買おうと思った馬の追切がイマイチだから買うのやーめた。

あくまで買う馬の最終判断です。

 

もう一つサンプルで、土曜中山鹿島特別タムロミラクルの追切です。

タムロミラクル

3回早い時計を出しているのが分かります。

では結論といきましょう。

坂路の追切で買う材料となる目安です。

ポイントは「4Fタイム」「1Fタイム」「1週前比較」3つです。

平均的な馬場の時の目安です。

栗東
4F53秒台以下、1F12・5以下、1週前と比べラスト1Fのタイムが早い

美浦
4F55秒台以下、1F13秒台以下、1週前と比べラスト1Fのタイムが早い

よくある追切への質問

Q、追切とは?
A、馬の状態がいいか悪いか?を調教師が見極める場です。
トレーニングの要素もあるかもしれませんが、、、
トレーニングとは見ていないです。あくまで状態の確認作業です。

Q、馬場によってタイムが変わるのはどう評価したら?
A、見慣れてくれば横の比較(同日の他の馬の平均的なタイム)ができます。
馬場差をどれだけみればいいか、感覚で掴めるようになります。
逆に、この感覚が掴めるくらい継続して見続けましょう!

※上のシゲルチャグチャグはタイム等矛盾があるのはこのためです。

Q、「単走・併せ」あるいは「馬なり・一杯」などは?
A、私は気にしません。見るのはタイムだけです。

Q、1週前坂路、最終追いコース、といった比較ができない場合は?
A、この場合はパターンが無限に広がっていくので答えはないのですが、
その馬の好走時のパターンと一致していれば買い、は言えるかもしれません。

以上です、週末土曜は大阪杯もしくはダービー卿CTから追切予想をしたいと思います。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!


ABOUTこの記事をかいた人

フランケル.Jr

人生40年、競馬歴20年。振り返れば人生の半分に競馬がいました。 「見えないものを見る」ことに情熱を注ぐ、少しアレな人。 趣味は磯釣り。海の中は見えないが、魚のいるポイントは見えると豪語。 見えないレース結果を見えるようになるために鋭意研鑽中。