【皐月賞2016データ】推奨馬に3強が1頭もいない!?

yutapondata

こんにちは。

ゆたぽんです。

本日は日曜日に中山競馬場で行われる皐月賞のデータをご紹介いたします。

今年の皐月賞の出走予定馬は、サトノダイヤモンド、リオンディーズ、マカヒキ、ディーマジェスティ、エアスピネルなど。超ハイレベルと言われている今年の3歳牡馬路線の一冠目。果たしてどんな結末になるのか今から楽しみですね。いつも通り、過去10年のデータを基に分析していきましょう。

極端な穴狙いは禁物!上位人気の取捨がカギ

まず以下にまとめたのは皐月賞の人気別成績(過去10年)です。

160412表1

全体的には上位人気が優勢のレースといっていいでしょう。3着以内馬30頭のうち27頭は8番人気以内。極端な人気薄が馬券に絡むケースは非常に少ないです。ちなみに9番人気以下で馬券に絡んだのは、06年10番人気2着ドリームパスポート、07年15番人気2着サンツェッペリン、10年11番人気2着エイシンフラッシュ。ドリームパスポート、エイシンフラッシュはその後もG1で活躍しましたし、やはり弱い馬ではなかなか好走できないレースです。

ただ1番人気は【2.2.1.5】といまひとつ。昨年は1番人気に推されたサトノクラウンが6着に敗退。「上位人気が強い=1番人気が強い」ではないので、そこは注意が必要です。

近年好調な共同通信杯組、不調が続く弥生賞組

次に以下では皐月賞の前走クラス別成績(過去10年)をまとめました。

160412表2

近年、最有力のステップレースといえるのは共同通信杯。同レースは11年以降、【3.0.1.2】(勝率50.0%、連対率50.0%、複勝率66.7%、単回収率280%、複回収率190%)と抜群の相性を誇っています。特に12年以降は、12年1着ゴールドシップ、14年1着イスラボニータ、15年1着ドゥラメンテと3連勝。皐月賞のステップレースといえば「弥生賞、スプリングステークス」のイメージが強いですが、近年は共同通信杯からの直行組がよく馬券に絡んでいます。

一方、不振なのが皐月賞と同舞台で行われる弥生賞。過去10年で見てもいまひとつの成績ですが、11年以降は【0.3.1.19】(勝率0.0%、連対率13.0%、複勝率17.4%、単回収率0%、福回収率24%)と大苦戦。毎年、上位人気に推される馬が多数いながらこの成績なので、相性はかなり悪いといっていいでしょう。

スプリングステークス組は可もなく不可もなく。ただ3着以内馬の数でいえば、最も多いレースです。同組の狙いどころは単純に前走着順のいい馬。特にスプリングステークス勝ち馬は【4.0.1.5】(勝率40.0%、連対率40.0%、複勝率50.0%、単回収率351%、複回収率144%)と皐月賞馬になる可能性がかなり高いです。

そのほかでは若葉ステークス組がまずまず。同組は皐月賞当日、8番人気以内に限ると【1.3.2.6】(勝率8.3%、連対率33.3%、複勝率50.0%、単回収率144%、複回収率269%)と2頭に1頭は馬券に絡んでいます。

皐月賞2016のデータ推奨馬は?

それでは最後に皐月賞2016のデータ推奨馬を見ていきましょう。今年の出走予定馬を前走レース別に見て狙えそうな馬を挙げると、

ディーマジェスティ(共同通信杯1着)
マウントロブソン(スプリングステークス1着)
アドマイヤダイオウ(若葉ステークス1着、皐月賞で8番人気以内になれば)

の3頭でしょうか。世間的には弥生賞組のマカヒキ、リオンディーズ、きさらぎ賞組のサトノダイヤモンドの3強と言われていますが、データ面からは3強で決まる確率はかなり低いといえそうです。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!