【マイラーズカップ2016予想】フィエロはそろそろ危険!?

yuta

こんにちは。

ゆたぽんです。

本日は日曜日に京都競馬場で行われるマイラーズカップの予想考察を行っていきます。

今年のマイラーズカップの出走予定馬は、フィエロ、ダノンシャーク、ダノンリバティ、アルバートドック、サンライズメジャーなど15頭。春のマイル王を決める安田記念を目指す馬がそろい、目の離せない前哨戦になりそうです。今回は1番人気濃厚のフィエロの取捨について考えたいと思います。

○○は複勝率100%の危険性

今年のマイラーズカップで1番人気に推されそうなフィエロ。

人気を集める理由は単純に「G1で2着2回(それもマイルチャンピオンシップ)」と実績が抜けていることもありますが、おそらく「京都芝コースで【1.5.2.0】(複勝率100%)」と一度も馬券圏外に敗れていないことも大きく影響しているでしょう。

この複勝率100%というのが競馬では意外と厄介だったりします。

地方競馬の話になりますが、今週の水曜日に行われた羽田盃はまさにそれを痛感させられる一戦でした。羽田盃で上位人気に推されたのは、

1番人気2.4倍 タービランス(戦績【5.1.0.2】)
2番人気4.0倍 グランユニヴェール(戦績【3.3.1.0】
3番人気5.4倍 トロヴァオ(戦績【2.2.0.1】)

の3頭。デビュー戦から一度も掲示板を外していないのはグランユニヴェールのみで、いかにも堅実な軸馬の印象を受けました。

しかし、結果はタービランスとトロヴァオのワンツーフィニッシュ。複勝率100%のグランユニヴェールは5着に敗れ、初めて馬券圏外に終わりました。

JRAの例でいえば、15年宝塚記念に出走したゴールドシップがいい例でしょう。それまで阪神コースでは【6.1.0.0】と連対率100%。宝塚記念も13年、14年と制しており、3連覇がかかっていました。

ところが結果はご存知の通り、スタートで大きく出遅れて15着に敗退。競馬の難しさを改めて感じさせられる一戦でした。

競馬を長くやっていれば、このようなことは日常茶飯事。むしろ「○○は複勝率100%」という戦績やデータは多くの競馬ファンに信用されやすいので、過大評価される要因になりやすいと言えるでしょう。

マイラーズカップ2016で推奨できる馬は?

上記のことを考慮すると、フィエロは「京都芝コースで【1.5.2.0】だから今回も堅軸」と考えるより「そろそろ飛ぶかもしれない」と思ったほうがいいかもしれません。冷静に考えると能力は抜けていますが、鞍上は初めて手綱を取る鮫島良太騎手。決して上手い騎手ではないので、差し届かずの4着、直線で前が詰まるなどの場面があっても不思議ではありません。

では変わりにマイラーズカップで推奨できる馬を1頭挙げておきましょう。それは

ダノンシャーク

です。14年マイルチャンピオンシップ以来、馬券に絡んでいませんが、前走阪急杯では見どころのある走り。やや衰えが見えてきた印象はありますが、まだ馬が終わったわけではなさそうです。今回は立ち回り競馬が上手い福永佑一騎手に乗り替わり。枠なりにロスなく立ち回れば、一発があってもいい気がします。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!