圧勝馬の陰にいるお金になる馬

anakoicon

こんにちは!アナコーのナナメ読み担当アナコーchigetonです!

皆さん春のG1やGWの競馬の調子はいかがですか?

私は天皇賞春では内枠の京都長距離G1リピーターに注目していたのですが、最初はカレンミロティック◎予定だったのを、途中で気が変わってキタサンブラック◎で記事を書き直し、そしたらまたまた気が変わってしまって最終的に◎フェイムゲームにしてしまい撃沈でした><

かしわ記念も印上では的中できたのですが、ブログの予想記事内で買い目を書くところで書きミスをしてしまい。読者の方からお叱りを受けまして、踏んだり蹴ったりの1週間・・・そろそろ悪い流れを断ち切りたいところです。

先週220万馬券が的中してました

今日はまずちょっと宣伝させて下さい(笑)

春光Sは5頭BOXで220万馬券

私が発行している無料メルマガがあるのですが、その中に独自穴ファクター該当馬というコンテンツを毎週掲載しています。

詳細は企業秘密ですが、前2走共4着以下に敗れた馬の中からある条件に合致する馬を選び出してまして、該当馬の7~8割くらいは人気薄の穴馬となっています。

その独自穴ファクター該当馬、先週土曜東京10R春光Sでは8番人気、11番人気、14番人気の該当馬が1.2.3着して三連単では220万馬券が飛び出しました!

これまでも該当馬同士で万馬券とか何度かありましたが、ここまで大きな配当になったのはメルマガで掲載始めてから初めてだと思います。

さすがに私もそんな馬券は買ってませんでしたが、1着オリオンザジャパンと3着セイカフォルテの単複だけは少額で買って的中する事ができました。

でも、後から考えたら・・・なんで2着に入った14番人気トウショウギフトを買えなかったのか!?自分に腹が立って腹が立ってしょうがない1戦でもありました。

オリオンザジャパンの複勝は640円、セイカフォルテの複勝は780円、それなのにトウショウギフトの複勝は2.430円もついたんですよね。

戦績的に大差はないのに配当は4倍前後違う訳ですから、ちょっと悔しくなっちゃっいました。

今日はその辺の反省を踏まえた事を書かせて頂きます。

圧勝馬がいるレースで負けた馬に注目!

皆さん競馬新聞とか、データベースなどで成績欄を見る時「着差」って見ますよね?

例えば1秒負けた馬は買いたくないとか、5着だけど勝ち馬とは0.1差だから狙い目だとか、自分なりによく注目するパターンって皆さんそれぞれにあるんじゃないでしょうか?

私も競馬を始めて間もない頃は、牝馬と6歳以上馬で前走1秒負けてる馬は消して馬券買ったりとかしてた事があります。

でもこの勝ち馬との着差って、競馬新聞しか読まない人でも、データベース等を使って予想する人でも誰もが同じような物差しで見てしまってると思います。

つまりそのまま利用すると、人気通りになりがちな馬券作戦でもある訳です。

ところがちょっと面白い事が起こるのが「圧勝馬のいるレース」なんですよね。

勝ち馬が1頭だけぶっち切りで勝つと、馬柱上では2着以下の馬は弱い馬に見えてしまいがちです。

例えば勝ち馬が2着に0.7差くらい差をつけて勝ったりすると、7着8着9着あたりに敗れた馬ともなるとそのほとんどは1秒以上負けてる馬がザラです。

そうなるとそういう負け方した馬って必要以上に人気を落とす事が多いんですよね。

そこでこのように圧勝馬がいるレースの場合は、勝ち馬ではなく2着との差を基準にして考えると面白いと思います。

トウショウギフトの場合

私が春光Sで買わずに後悔したトウショウギフト、競争成績を見ても最後に馬券になったのは2014年7月ですから、もう2年近くも馬券になっていなかった馬です。

※トウショウギフトの競争成績
トウショウギフトの競争成績

しかしこの馬の場合は2走前上総Sの内容が悪くありませんでした。

※上総Sの競争成績(右は出走馬の次走成績)
上総Sの競争成績

勝ち馬は以前当コラムでも取り上げた事のあるブチコ。
【ブチコ】正月競馬で強~い競馬!追い切り時計で見えた激走の裏付けとは?【TARGRTの使い方】

上総Sでも2着に0.5差をつける圧勝でした。

トウショウギフトはこのレースで勝ち馬から0.8差の8着、しかし2着ブライトアイディアとの着差はわずかに0.3差だったんですよね。

画像の右側の次走成績を見てもわかる通り、ブライトアイディアは次走で1600万勝ちしてるほどの馬です。

仮にブチコが出走せずにブライトアイディアが勝っていたとすれば、トウショウギフトも勝ち馬とは0.3差という事で今回もう少し人気になっていたかもしれません。

そして、私が悔しがった最大の理由はこのレースの7着馬セイカフォルテです。

先に書いたように今回私はセイカフォルテの単複も買ってたんですよね。

セイカフォルテとトウショウギフトは同タイムです。しかも、春光Sではセイカフォルテの斤量が当時と同じ53kgだったのに対し、トウショウギフトは当時よりも1kg軽い51kgでの出走でした。

この2頭は前走甲南Sでも対戦していてセイカフォルテ9着、トウショウギフトは10着、2頭の着差はここでも0.1差しかありませんでした。

春光Sではハンデが1kg差開いた事を考えればトウショウギフト>セイカフォルテ、または2頭は同等程度と考えられるはずなのに、セイカフォルテの複勝は780円、トウショウギフトの複勝は2.430円ですから、我ながら本当に馬券がヘタだったなあって思う訳です。

エクラミレネールもそうだった

今週NHKマイルカップに出走するエクラミレネールもまさにそういうタイプの馬でした。

前走ニュージーランドTでは12番人気で3着しましたが、3走前クイーンCはメジャーエンブレムが圧勝したレース。

2着フロンテアクイーンとは0.5差程度でしたし、道中は外外回すロスもあって、さすがにメジャーエンブレムには完敗でしたけどフロンテアクイーンとはそんなに差のない競馬をしていました。

アネモネSでも外を回すロスがあって、前走ニュージーランドTでは内枠引いて好走・・・偉そうに書いてる私もきちんと狙えなかったのですが、これも前走が狙い目だったなあって思います。

仮にニュージーランドTにフロンテアクイーンが出走していたとすれば、もうちょっと人気になってたでしょうしね。

今週はこの馬に注目?

上記のように圧勝馬がいたレースで2着とはそんなに差がなかった・・・というような馬、今週土日の特別戦で探してみました。

土曜日は東京11RのプリンシパルSのアラバスターが近いタイプでしょうか。

前走黄菊賞はのちにホープフルSで3着したバティスティーニが圧勝したレースで0.8差の3着、しかし2着レヴィンインパクトとは0.2差程度でした。

ここは他にもいいのが何頭かいるので相手も強そうですが、穴で少し買ってみたいなって思ってます。

日曜日だと東京最終立川特別のコロマンデル

前走は勝ち馬ブルミラコロが0.8差の圧勝したレースで勝ち馬から1.1秒差の6着。しかし2着ウインオリファンとは0.3差の競馬でした。

そこそこ人気するかもしれませんが、ここは前走現級で2.3着だった馬が何頭かいるんで手頃な人気になってくれると嬉しいですね。

今後も頑張って第二第三のトウショウギフトを探し出したいものです。。。

以上、アナコーの戯言でしたー。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!