【オークス 2016】最終予想|追切診断Good&展開どハマりな穴馬はここ

2016flancel

こんにちは。フランケルJr.です。

昨日の平安ステークスではアスカノロマンが想定以上の強さでしたね。

東海Sの勝ち方からも秋のチャンピオンズカップが非常に楽しみです。

 

ではオークスの最終予想です。

私の中では大混戦なのですが、何が混線かというと

シンハライト以外が定まらない

という点です。

 

桜花賞組を上位に取るのか?

他路線が逆転するのか?

 

決定的に言い切れる材料が乏しいのが正直なところです。

ということで、相手は手広く流すのですが

押さえておきたい穴馬を考えたいと思います。

 

 

1、追切から状態を計る

追切は、基本的に「その馬にとって調子がいいか悪いか」

の判断です。そこに相手関係は存在しません。

あくまで、過去のその馬との比較です。

といっても、経験の浅い3歳馬。昔のベストレースは?と、

言える材料も少ない馬がほとんどです。

タイムが自己ベストに近いとか、雰囲気がいいとか

抽象的な感覚で判断していきます。

 

 

2、展開がハマるかどうか

展開がハマる、とはその馬にとってレースがしやすいかどうか。

今回で言うと、人気を背負うシンハライト・チェッキーノが

ともに中団もしくは後方からの差し・追込み脚質です。

ここだけなら逃げ馬の有利と言えるのですが、

東京は直線も長く広いため、4コーナーを回ってからでも

強い馬なら直線だけでまとめて交わせます。

 

シンハライトには直線だけの競馬で、勝ち負けに

持ってくるだけの力があると見ます。

 

となると、他馬は勝つためにどうすればいいのでしょうか?

直線だけの競馬でシンハライトを上回る豪脚を見せる。

死んだふりして、直線をまんまと逃げきる。

この2択ですが、枠から行くとシンハライトは内で捌くのに

手間取る可能性があります。逃げ切りを狙いたいですね。

 

実際に、ハナを奪ってしまうとターゲットになってしまうため

逃げ切るのは難しいです。

2F棒まで何となくで先頭グループにいて、シンハライトや

チェッキーノが飛んでくる前に、余力を振り絞って抜け出して、

ラスト50mを凌ぎ切れるかどうかの競馬にすべきでしょう。

 

 

タイトルに掲げました:追切診断Good&展開どハマりな穴馬

△2番アウェイク

追切は美浦南Wの馬なり単走で4F52.0、ラストも13.0でまとめています。

平均的に見ると、53秒台後半と12秒台後半くらいなのでタイムも良いです。

動画から伝わる(ここは私は大事にしてます、動画から伝わるくらい凄い)

雰囲気が言うことなく、走る気満々です。

 

枠は内の2番、脚質から先行2列目3列目でロスなく回れます。

スローな流れになるとみますが、逃げて実績を残してきた馬が数頭。

その陰に隠れる形で好位をキープできるでしょう。

 

もっとも、地力としてはフローラSでチェッキーノの0.6差。

決定的に足りない、というのが前提ですし、相応のオッズになりますが、

2月のフリージア賞からフローラSにかけて馬に成長が見える点と、

そのフローラSからも急上昇と言える追切です。

 

馬柱に掲載する印は

◎3番シンハライト
○13番チェッキーノ
▲11番エンジェルフェイス

の3つですが、これら3頭を軸に3連複で相手に手広く流して、
アウェイクが粘ってくれたら高配当。

このような買い方で臨みます。

では、良い週末を~。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!


ABOUTこの記事をかいた人

フランケル.Jr

人生40年、競馬歴20年。振り返れば人生の半分に競馬がいました。 「見えないものを見る」ことに情熱を注ぐ、少しアレな人。 趣味は磯釣り。海の中は見えないが、魚のいるポイントは見えると豪語。 見えないレース結果を見えるようになるために鋭意研鑽中。