【エプソムカップ2016データ】上位人気同士の争い

yutapondata

こんにちは。

ゆたぽんです。

本日は日曜日に東京競馬場で行われるエプソムカップのデータをご紹介いたします。

今年のエプソムカップの出走予定馬は、ルージュバック、ロジチャリス、フルーキー、ラングレー、アルバートドックなど。いつも通り過去10年のデータを基に分析していきましょう。

上位人気同士の争いになる

始めに以下にまとめたのはエプソムカップの人気別成績です(過去10年)。

160606表1

パッと見て分かる通り、上位人気が圧倒的に優勢。過去10年の連対馬20頭のうち17頭は4番人気以内に支持されてました。連対馬20頭すべてを見ても7番人気以内に収まっているので、1、2着は基本的に人気馬同士の組み合わせを想定したほうが良さそうです。

3着なら伏兵が台頭することもありますが、二ケタ人気の好走は2回のみ。極端な穴狙いは禁物といえるでしょう。

4歳が圧倒的に優勢!7歳以上は3着まで

次にエプソムカップの年齢別成績を見ていきましょう(過去10年)。

160606表2

注目は4歳。同年齢は【7.5.3.22】(勝率18.9%、連対率32.4%、複勝率40.5%、単回収率126%、複回収率85%)と圧倒的な成績を収めています。また同年齢で7番人気以内に限ると【7.5.3.13】(勝率25.0%、連対率42.9%、複勝率53.6%、単回収率167%、複回収率113%)と成績は大幅にアップ。昨年の1着エイシンヒカリ、2着サトノアラジンも「4歳」で「7番人気以内」に該当していました。

7歳以上は連対馬がゼロ。高齢馬は買うとしても3着までと思っておいていいでしょう。

G1組が不振!?

最後にエプソムカップの前走クラス別成績を見ていきましょう(過去10年)。

160606表3

まず気になるのはG1組の成績。同組は9頭が出走してこれまで一度も馬券に絡んでいません。特にヴィクトリアマイルからの直行組は【0.0.0.6】と苦戦しています。一般的にG1→G3なら巻き返しに期待したくなりますが、前走G1でエプソムカップで相手関係が弱くなっても疑ってかかったほうが良さそうです。

レース別で相性がいいレースを見ていくとマイラーズカップ【3.2.1.5】(勝率27.3%、連対率45.5%、複勝率54.5%、単回収率128%、複回収率114%)、都大路ステークス【3.0.2.9】(勝率21.4%、連対率21.4%、複勝率35.7%、単回収率193%、複回収率101%)が挙げられます。

エプソムカップ2016のデータ推奨馬は?

それでは最後にエプソムカップ2016のデータ推奨馬を見ていきましょう。人気は分からないので、年齢と前走レースから推せるのは

アルバートドック(4歳、前走マイラーズカップ)

です。東京芝1800mが合うかどうかですが、1800mは【2.1.0.1】と相性のいい距離。前走マイラーズカップは展開に泣きましたが、ここは巻き返しの番かもしれません。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!