【エプソムカップ 2016】最終予想|秋に活躍できる馬から

2016flancel

今週はエプソムCマーメイドSの最終予想の

2本立てでお送りします。フランケルJr.です。

 

まずは例年予想が組み立てやすいエプソムCから。

レースの位置づけを確認しておきましょう。

 

ご存知のように前週安田記念がありました。

安田記念:東京競馬場 芝1600m

エプソムC:東京競馬場 芝1800m

 

G1で勝負したい1600m-2000mに対応できる馬は

安田記念を使ってきます。

 

逆にG1にはまだ地力が足りなくて、秋に向けて

賞金を加算したい馬がエプソムCを使ってきます。

 

もう一つは4歳馬に適用される降級制度ですね。

5月末までに稼いできた賞金が半分となり、

オープンクラスの馬でも条件馬に戻ったりします。

その中でエプソムCに出走してくるということは

ただの4歳馬ではなく今年飛躍を見せている馬であったり、

3歳時のクラシックで一歩足りなかったりの馬です。

 

したがって、このエプソムCの位置づけは、

・安田記念に出走できないレベルの馬の集まり

・秋の飛躍に向けての賞金加算

つまり、G3とはいえメイチ仕上げが期待できる舞台といえます。

 

その上別定戦。力関係どおりに決着し、堅いレースとなるのは

必然といえるのではないでしょうか。

 

ターゲットになる馬はずばり”秋にG1が取れるかどうか”の

馬ですね。

 

重賞で満足するレベルではここで好走できても勝ちきるまでは

難しいレースといえます。

 

フルーキーはG1で勝負になりますか?

というのが一つの答えで、活躍を期待されていた馬も

既に6歳。ピークは過ぎてG3で小遣い稼ぎです。

ただし、安定感はありますので消すという選択肢はありません。

 

ルージュバックは改めてG1を狙えますか?

昨秋のエリ女が4着、先月のVMが5着。もう一つ殻を破らないと

厳しいのではないでしょうか。VM直後のここで好走できますか?

 

人気になりそうな2頭が揃って不安要素というか、

エプソムCの位置付けにあまり即してない馬です。

ならば、その次の馬から狙うべきでしょう。

オッズのうまみもそのほうが出てきます。

 

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!