宝塚記念【阪神芝2200mコースデータ】騎手なら武豊&川田騎手に注目!

yutapondata

こんにちは。

ゆたぽんです。

本日は、宝塚記念の舞台である阪神芝2200mのコースデータをご紹介いたします!

※データはすべて2013年以降です。

コース自体に内外の差はないが、宝塚記念は外枠に要注意!

始めに以下にまとめたのは阪神芝2200mの枠順別成績です(2013年以降)。

160622表1

内外の差はほとんどないですね。1枠と8枠の複勝率はほとんど差がないので、「1枠=有利、8枠=不利」と決めつけない方がいいでしょう。

そして面白いのが宝塚記念の枠順別成績です(以下参照)。

160622表2

ご覧の通り、過去10年の勝ち馬10頭のうち8頭は6~8枠から誕生。宝塚記念の勝ち馬は圧倒的に外枠から誕生しやすい傾向があります。特に過去3年は13年ゴールドシップ(8枠10番)、14年ゴールドシップ(8枠11番)、15年ラブリーデイ(8枠16番)と8枠が3連勝中です。

1~2枠に入って連対を果たしのはわずか2頭(08年2着メイショウサムソン、11年1着アーネストリー)。基本的に内枠に入った馬は割り引いた方が良さそうです。

阪神芝2200mを得意としている騎手は?

次に阪神芝2200mを得意としている騎手を見ていきましょう(以下参照)。順位は騎乗回数が10回以上ある騎手の中で複勝率が高い順に並べてあります。

160622表3

トップは武豊騎手。複勝率は56.5%をマークしており、単・複回収率はともに100%を超えています。宝塚記念は06年ディープインパクト以来、勝利を挙げてませんが、同コースでは平場でコンスタントに活躍しています。

武豊騎手と差のない成績を収めているのが川田将雅騎手。複勝率は52.6%をマークし、単・複回収率は100%超え。宝塚記念では13年5番人気2着ダノンバラード、15年6番人気1着ラブリーデイで好走しています。今年に入っても同コースで行われたすみれステークスを6番人気ジョルジュサンクで勝利。阪神芝2200mはかなり相性がいいみたいです。

以下、小牧太騎手、菱田裕二騎手もまずまず優秀な成績を収めており、積極的に狙って良さそうです。

阪神芝2200mを得意としている種牡馬は?

最後に阪神芝2200mの種牡馬別成績を見ていきましょう(以下参照)。順位は出走回数が20回以上ある種牡馬の中で複勝率が高い順に並べてあります。

160622表4

1位はマンハッタンカフェ産駒。同産駒は複勝率47.8%にマークし、単・複回収率は100%超え。マンハッタンカフェ産駒といえば、不器用でポテンシャル勝負に強いのが特徴。阪神芝2200mはタフなレースになりがちなので、同産駒の良さが存分に発揮されるのかもしれません。

2位はネオユニヴァース産駒。出走回数は少ないですが、単勝30倍以下の馬に限ると【3.2.0.2】(勝率42.9%、連対率71.4%、複勝率71.4%、単回収率154%、複回収率115%)。それぞれ異なる馬での好走なので、サンプルは少ないですが、ある程度は信用していいのではないでしょうか。

キングカメハメハ産駒もまずまず優秀。同産駒は出走回数が49回と多いので、数字の信用度は高そう。昨年の宝塚記念を制したラブリーデイが同産駒でした。

ディープインパクト産駒は勝率8.7%と意外と勝ち切れない面が目立ちますね。複回収率106%なので3着以内なら狙えるのですが、アタマで期待する種牡馬ではないかもしれません。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!