【CBC賞2016データ】前走1200m組は走らない!?

yutapondata

こんにちは。

ゆたぽんです。

本日は日曜日に中京競馬場で行われるCBC賞のデータをご紹介いたします。

今年のCBC賞の出走予定馬は、エイシンブルズアイ、ベルカント、スノードラゴン、レッドファルクス、サドンストームなど。いつも通り過去10年のデータを基に分析していきましょう(10年は京都開催、11年は阪神開催のため除く)。

斤量53.5キロ以上は絶対条件!

始めにCBC賞の斤量別成績を見ていきましょう(過去10年)。

160628表1

まず不振なのは斤量53キロ以下。斤量53キロ以下を合計すると【1.1.0.50】(勝率1.9%、連対率3.8%、複勝率3.8%、単回収率18%、複回収率11%)とかなり悲惨な成績です。ちなみに3着以内に好走したのは、09年5番人気2着エイシンタイガー、14年4番人気1着トーホウアマポーラ。ともに5番人気以内に推されていました。

斤量は53.5キロ以上が絶対条件といえそう。特に53.5~55キロのゾーンは単・複回収率でも非常に優秀な成績を収めています。斤量57.5キロ以上でも複勝率は45.5%もあるので、積極的に買っていいといえるでしょう。

前走G2組が優秀!昇級組は苦戦傾向

次にCBC賞の前走クラス別成績をまとめてみました(過去10年)。

160628表2

狙い目は前走G2組。同組は【4.2.0.11】(勝率23.5%、連対率35.3%、複勝率35.3%、単回収率265%、複回収率114%)と好成績を収めています。特に過去3年は、

15年2着ダンスディレクター(前走京王杯スプリングC)
14年1着トーホウアマポーラ(前走阪神牝馬S)
14年2着エピセアローム(前走阪神牝馬S)
13年1着マジンプロスパー(前走マイラーズC)

と前走G2組が3年連続で好走。前走レースに関係なく、G2組は全般的に要注意といえそうです。

一方、1600万下組は【0.1.1.13】(勝率0.0%、連対率6.7%、複勝率13.3%)と苦戦。昇級組は割り引いたほうが良さそうです。

距離短縮組を狙いたい

最後にCBC賞の前走距離別成績を見ていきましょう(過去10年)。

160628表3

注目したいのは距離短縮組(今回短縮)。同組は【6.4.3.43】(勝率10.7%、連対率17.9%、複勝率23.2%、単回収率156%、複回収率102%)で、単・複回収率は100%オーバー。距離短縮組が3着以内に入らなかった年は一度もないので、距離短縮組を馬券の軸にするのがいいでしょう。

逆に不振なのは前走1200m組(同距離)。同組は【2.3.5.62】(勝率2.8%、連対率6.9%、複勝率13.9%、単回収率16%、複回収率32%)と単・複回収率が悲惨な数字。同組で3着以内に好走した10頭はすべて単勝10倍以下だったので、前走1200m組は人気馬だけ買えば良さそうです。

CBC賞2016のデータ推奨馬は?

最後にCBC賞2016のデータ推奨馬を見ていきましょう。上記3点の項目に注目すると推せるのは、

シンデレラボーイ(斤量54キロ、距離短縮組)
ラインスピリット(斤量55キロ、距離短縮組)
レッドファルクス(斤量56キロ、距離短縮組)

の3頭が面白そう。3頭とも人気はなさそうですが、過去の傾向的に1頭くらいは馬券に絡むのではないでしょうか。

最強予想家の印予想はこちら


スペシャルコンテンツ

馬柱
限定予想
会員限定コラム

【PR】オススメ予想サイト

【競馬Study公式メルマガ】

今無料登録すると有名予想家のコラムや予想を無料で見ることが出来ます!

ブログでは書けないネタなども扱っておりますので、まずは競馬Studyへの無料登録を行ってみてくださいね♪

↓無料登録はこちらから↓

【競馬Study|公式Line@】

公式Line@ではサイトの最新情報や予想ネタなどのお知らせをしているよ!

こちらも無料登録出来るので、メルマガと合わせて登録してみてくださいね♪

↓ライン@友達登録こちら↓

【競馬Study|Facebook】

良かったらフェイスブックいいね!の方も宜しくお願いします!

いいね!を押すと最新コラムや予想などもFBで読む事が出来ます!

シェア頂けますと励みになります!